シヴァリー 第十五話

三章表紙

”戦いの中でアランは己の中にある神秘を自覚し、そして体得する”

   ◆◆◆

  武を磨く者達

   ◆◆◆

 その頃、負傷のため戦地を離れたリックは故郷の地に足を踏み入れていた。
 大陸のほぼ中央に位置し、山に囲まれた堅牢(けんろう)なこの地には、戦火をまぬがれた古い建造物が多く建ち並んでいた。

偉大なる者の地

 それらは偉大なる大魔道士の時代に建てられた歴史あるものであった。そのどれもが天を目指さんとするかのような高層建築ばかりであり、当時の偉大なる大魔道士の力の大きさを伺い知ることができた。
 しかしいずれの建物にも人の気配は無かった。この地は魔法信仰の聖地であり、これらの建造物は全て文化遺産として保護されていた。
 そんな古く威厳ある遺跡を抜けた先にある少し開けた場所に、明らかに時代の違う、建築様式が異なる屋敷がぽつんとあった。
 煌(きら)びやかで古びたところもないその屋敷は周りから浮いていたが、この屋敷こそリックの生まれ育った家であった。
 
   ◆◆◆

 屋敷に戻ったリックを出迎えたのはたくさんの従者達と、愛する家族であった。

「おかえりなさい、あなた」

 妻が夫を笑顔で迎えると、傍にいた小さな男の子も同じ顔を見せた。

「おかえりなさい、父上!」
「元気にしていたか息子よ。少し背が伸びたか?」

 従者達が見守る中、リックは一人の父として家族の出迎えに笑みを浮かべた。
 しかしその直後、空気が変わるのをその場にいた全員が感じた。その緊張の波は屋敷の中から伝わってきていた。
 場に集まっていた従者達は一斉に姿勢を変え、ある方向に向き直った。その方向には一人の女性が立っていた。
 それを見たリックはその場で跪き、口を開いた。

「ただいま戻りました。母上」
「よく無事で戻りました。息子よ」

 彼女の名はクレア。リックの母であり、そしてこの家の当主であった。

「カルロとまた戦ったと聞きましたが」
「はい。力及ばず、また敗れました。申し訳ありません、母上」

 頭を垂れたまま謝罪の弁を述べる息子に対し、クレアは口を開いた。

「そんなことは良いのです。お前が生きて帰ってきてくれただけで十分です」

 クレアは息子を立ちあがらせ、穏やかな表情を浮かべながら口を開いた。

「こんなところで立ち話しをしていては怪我に障ります。みやげ話は屋敷の中で聞かせてちょうだい」

 クレアはそう言いながら屋敷の奥へと歩みを進め、他の者達もこれに続いた。

   ◆◆◆

 広間と呼べるほど天井が高い応接間に入ったクレアは、付き添っていた従者達を部屋の外に下がらせ、柔らかな長椅子に腰掛けた。息子であるリックはテーブルを挟んだ向かい側の席に座り、妻と息子はリックの隣に並んで座った。
 クレアは視線を上下させ息子の怪我の様子を探ったあと、口を開いた。

「それで、傷の具合はどうなのです」

 リックは母を心配させまいと、はっきりした口調で答えた。

「たいしたことはありません。カルロから受けた傷は既に治りかけています」

 リックはそう言ったが、クレアはリックのある箇所を見つめながら口を開いた。

「その腕の傷はどうしたのです」

 まずいところを突かれたのか、リックは包帯が巻かれたその腕を隠すような仕草を一瞬見せた。

「……カルロの息子、名を確かアランと言う者に付けられた斬り傷です」
「剣による斬り傷? 不意でも突かれたのですか?」

 ただの剣に息子が傷つけられるはずがない、そう信じている母は首を傾げた。

「……不意を突かれたわけではありません。その者は剣に光魔法を纏わせておりました」

 リックの弁に納得したのか、表情を元に戻したクレアは口を開いた。

「光魔法を剣に、ですか。珍しい戦い方をするのですね、カルロの息子は」

 クレアは一言ずつ飲み込んでいくかのように言葉を短く切りながらそう言った。そしてクレアはおもむろに立ち上がり、壁のほうへと歩いていった。
 その壁には一枚の絵があった。その絵は並んで立つ二人の男性、偉大なる大魔道士と炎の一族の長の姿を描いていた。
 クレアはその絵を見つめながらゆっくりと口を開いた。

「カルロとその息子アラン、そして娘のアンナも戦場に出ていると聞きます。戦いが激化すれば彼ら『炎の一族』の者と相見える機会は増えるでしょう」

 リックは母の背を見つめながら黙ってその言葉に耳を傾けた。

「彼ら『炎の一族』と我らの間には古く深い縁があります。彼らとこうして戦うことになってしまったこの現状を我らの祖先達は悲しんでいるかもしれません」

 クレアはどこか憂いたような表情を浮かべながら言葉を続けた。

「彼ら『炎の一族』が魔法信仰と決別したとき、我らもついていくべきだったのかもしれません。ですが、我らを慕う信徒達はあくまでも我らを象徴として崇め、離そうとはしなかった」

 この時、クレアは注意していなければわからないほどの小さなため息を吐いた。

「今の魔法信仰はどこか歪んでいます。それをどうにもできない我らのなんと無力なことか」

 クレアはかなり危険なことを喋っていた。信仰の象徴たるものがそれを非難しているのだ。

「……無駄話が過ぎましたね」

 これ以上は良くないと思ったのか、クレアはそう言って話を止めた。そしてクレアは気持ちを切り替えるように笑みを作り、口を開いた。

「つまらない話はこれくらいにして、お前のみやげ話を聞かせてもらうことにしましょう」

 そう言いながらクレアは長椅子に戻り、リックに視線を向けた。これにリックは少し困った様子で答えた。

「何を話せば良いのか……あまりおもしろい話は思いつきませんが」
「この屋敷の外で見聞きしたことであれば何でも良いのです。屋敷から離れる機会が少ない私にとって、外の世界の話はただそれだけで面白いものです」
「わかりました……では、」

 リックがいざ語らんと息を軽く吸い込んだのと同時に、クレアは手をかざしてそれを制止した。

「待って。せっかくだから茶と菓子でもつまみながらにしましょう」

 そう言ってクレアは手を叩き、外に控えている従者を呼んだ。

 その後、リック達はたわいもない話に花を咲かせた。菓子をつまみながら談笑する、それは何ら特別なことは無い家族の団欒であった。

   ◆◆◆

 次の日――

 リックは朝早くに屋敷の裏にある訓練場へと足を運んでいた。
 元は採石場であったその場所は、むきだしの岩肌ばかりの荒涼(こうりょう)とした風景が広がっていた。
 そこには既に先客がいた。その者の姿は訓練場に作られた人工池の「上に」あった。実際に目にしなければこの光景を信じられる人間はいないであろう、その先客は水面の上に「立って」いた。
 その者――クレアの足元はぼんやりと光っており、水面には彼女を中心に波紋が広がっていた。

池の上に立つ女5

 リックの存在に気付いたクレアはそちらの方に向き直り、まるで何事もないかのように水面の上を「歩いて」いった。
 クレアが水面に足を置くたびに小さな波が立ち、新しい波紋となって広がっていった。それはうっすらと発光しており、光る輪が水面に広がっていく様はとても幻想的であった。
 クレアが何事も無く池の上を渡りきった後、リックは声を掛けた。

「母上、こんな早くに起きてきて大丈夫なのですか?」
「私のことよりも自分のことを心配なさい。怪我を治すほうが先でしょう」
「申し訳ありません。ですが、今の私には腕が鈍ってしまうことが何よりも恐ろしいのです」
「そうだろうと思ってここで待っていたのです。私がいなければいつものようにこの岩場を飛び回るつもりだったのでしょう?」

 図星だったためか、リックは黙ったまま何も答えなかった。

「怪我が完治するまでは許しませんよ。魔法制御の訓練だけにしておきなさい」

 そう言ってクレアは手の平にちょうど収まるくらいの石を拾い、リックに手渡した。

「浮かせてみなさい」

 言われたリックは石を乗せた手の平に意識を集中させた。リックの手の平が発光すると同時に、乗せてあった石がふわりと浮き上がった。

「その状態を維持させなさい」

 言われたリックは石を浮かせた状態で静止させた。しかし暫くして石が振動し始めたかと思うと、突然何かにはじかれたかのようにどこかに飛んでいってしまった。

「……体術の訓練ばかりやっているからそうなるのです。お前は体捌きには天賦の才がありますが、だからといって魔法制御の訓練をおろそかにしてはなりません」

 クレアは新しい石をリックに手渡しながら口を開いた。

「続けなさい。ここで見ていてあげますから」

 リックは母に見守られながら訓練を続けた。
 しかしそれは優しいものではなく、時に冷たい言葉が飛ぶものであった。

   ◆◆◆

 一ヵ月後――

 傷が癒えたリックはなまった筋肉に活を入れるため、訓練場で激しく体を動かしていた。
 突きや蹴りに始まる武術の型、リックはそれを何度も繰り返した。
 体に熱がこもり全身に汗が流れ始めた頃、突然耳に入った足音にリックは振り返った。

「体の調子はどうですか、息子よ」

 そこにはこちらに歩いてくる母、クレアの姿があった。

「もう問題はありません、母上」

 そう答えながらリックはクレアの手に剣が握られていることに気付いた。

「その剣はどうしたのですか、母上」

 そう尋ねながらもリックはクレアが考えていることに察しがついていた。「その剣でどうしたいのか」と尋ねたほうがわかりやすかったかもしれない。
 クレアはリックの問いかけに何も答えず、両手で持った剣の刃を顔の正面に置き、静かに目を閉じた。
 その姿はまるで剣に祈りを捧げているかのようであった。しばらくすると剣が発光し始め、クレアは目を閉じたまま独り言を喋るように口を開いた。

「暴れ馬の手綱(たづな)を握っているような感覚です」

 そう言ってクレアは剣を片手に持ち替えた。すると発光にちらつきが見え始め、刃が振動するようになった。

「私でも片手で安定させるのは難しいですね」

 クレアは剣を鎮(しず)めたあと、目を開いて言葉を続けた。

「これを使いこなしているということは、そのアランという者はかなりの使い手なのでしょう」

 当然アランはクレアのような卓越した技を有してはいない。クレアは「刀」の存在を知らないためそう勘違いしたのである。アランは「刀」のおかげで「光の剣」を扱うというただ一点においてはクレアと同等の領域に達していた。

 母の言葉にリックはただ沈黙した。腕に残った刀傷の痕(あと)を見ながら、アランとの対峙に油断があったことを戒めていた。

「では始めましょうか」

 突然耳に入った母の言葉にリックは顔を上げた。そこには剣を構える母の姿があった。

「多少ですが剣の心得はあります。そのアランという者とまた戦うことがあるやもしれません。剣に慣れておいて損は無いでしょう」

 こうなることがわかっていたリックは何も言わずに戦闘体勢を取った。

   ◆◆◆

 訓練が始まってすぐ、クレアの口から叱咤が飛んだ。

「刃から目を逸(そ)らしてはなりません! 重要なのは刃を受け流す技術では無く、それを恐れない心だと知りなさい!」

 リックはクレアが放つ「光る剣」を「光る拳」で受け流し、時に避けたが、その動きは最初ぎこちないものであった。
 しかしリックはすぐに慣れを見せた。クレアが放つ剣閃を小さな動きで、かつ柔軟に捌(さば)くようになった。
 クレアの剣は徐々に速さを増していったが、リックはこれを特に問題なく捌いていった。リックの目の良さと体捌きの柔軟さは間違いなく天性のものであった。
 二人の訓練はいつまでも続くかと思われた。しかしリックの顔が徐々に紅潮(こうちょう)していったのに対し、クレアの顔からは血の気が引き蒼白(そうはく)になっていった。
 そして三十分ほど経ったところでクレアが突然手を止めた。クレアはその場に崩れるように膝を突き、激しく咳(せ)き込み始めた。
 これを見たリックはクレアに駆け寄り、その背をさすった。しばらくして落ち着きを取り戻したクレアは口を開いた。

「時々この弱い体が恨めしくなります。せめて人並みに丈夫な体であれば、お前の代わりに戦場に出てやれるというのに」
「母上、今日はもう部屋に戻って御休みください。私が御体を支えますゆえ……」

 リックはクレアの体に手を添えその体重を支えた。クレアは自身の貧弱さに悔しさを覚えながら訓練場を後にした。

   ◆◆◆

 クレアによる指導はこの日だけで無く、次の日も、そのまた次の日も続いた。
 クレアの体が弱いためか、二人が一緒にいる時間はいつも短かった。しかし武の才に富むリックにとってはそれで十分だった。

 そんなある日――

 いつものように訓練場にやってきた二人であったが、そこには既に小さな先客がいた。
 それはリックの息子であった。少年は訓練場の真ん中で父を真似るように手足を動かしていた。
 少年はぴょんぴょんと飛び跳ねながら手足を振り回していたが、とうとう足を滑らせて派手に転んだ。
 地に寝そべる少年の目に瞬く間に涙が溜まっていったが、それが溢れることは無かった。父の存在に気づいた少年はそれを我慢したからだ。
 少年は立ち上がって目に溜まった涙を拭い、声を上げた。

「父上!」

 リックは元気に駆け寄ってきた息子を受け止め、その頭を撫でながら口を開いた。

「よく泣かなかったな、えらいぞ」
「父上! 父上がいつもここでやってるあのかっこいいやつ、教えて!」

 少年はリックの服を掴みながらそう言った。
 少年は武の道を歩みたいと言っているのではない。要は「一緒に遊んで」と言っているのだ。それをわかっているリックは息子の頭を撫でながらこう言った。

「ようし、わかった! 父さんの動きをよく見て、しっかり真似するんだぞ!」

 そう言ってリックは身構え、簡単な武術の型を見せ始めた。少年は父の隣に並び、その動きを真似た。

(……今日の訓練はお休みになりそうですね)

 二人の様子を眺めていたクレアはそんな独り言を心の中でつぶやいていた。しかしそんなクレアの考えはすぐに裏切られることになった。

「ここにいたのねエリス、探しましたよ」

 エリスとは少年の名前である。突如訓練場に響いたその声の主は、エリスの母であった。駆け足ぎみに近づいてくる母の姿にエリスは嫌そうな表情を浮かべ、リックの影に隠れる仕草を見せた。

「どうしたブレンダ? エリスに何か用があるのか?」

 リックが何も言わぬエリスの代わりに用件を尋ねると、ブレンダは少し怒ったような顔をしながら答えた。

「今日は『|祈祷(きとう)の日』です。先月のようにさぼるのは許しませんよ」

 リックはエリスが嫌そうな顔をしている理由を察し、口を開いた。

「そうか、今日は『祈祷の日』だったか」

 リックはその言葉を反芻(はんすう)しながら足元に隠れているエリスに視線を移した。

「……エリス、嫌な気持ちはよく分かる。父さんもそうだった。でもこれは必要なことなんだ」

 父が自分の味方になってくれないことに気づいたエリスはますます不機嫌そうな顔を見せた。

「さあ行こう。皆を困らせてはいけない。今日は父さんもついていてあげるから」

 リックは息子の背に手を添えながら歩き始めた。

   ◆◆◆

 屋敷の中央に作られた聖堂――
 そこには本日行われる行事のために多くの人間が集まっていた。魔法信仰の正装に身を包んだ参列者達は皆整列して始まりを待っていた。
 その後方、聖堂の隅にリックとブレンダ、そしてクレアの姿があった。三人は黙って行事を見守っていた。
 先頭に立つ神父が本を片手に「偉大なる大魔道士」の石像の前で何かを読み上げ始めると、集まった皆は一斉に目を閉じて祈りを捧げ始めた。
 しばらくして神父の言葉が終わると、中央から信徒に付き添われながらエリスが前に歩み出た。
 重厚感のある礼装を纏(まと)う信徒に対し、エリスが身に纏っていたのは大きな布一枚だけであった。
 エリスを神父の前に跪(ひざまず)かせた信徒は、エリスが纏う布を下にずり下ろし、上半身をあらわにさせた。
 エリスの上半身には目印となる赤い点があちこちに描かれていた。それを見た神父は本を祭壇に置き、その手に長い針を握った。

 そう、今から行われるのはリリィが収容所で受けたものと同じ、体を穴だらけにするだけの無意味な慣習であった。

 エリスはちらりと後ろにいるリック達の姿を一瞥した。それに気づいたリックは、息子を勇気付けるために、力強い目線を返した。
 覚悟を決めたエリスは襲い来る痛みに備え、その目を固く閉じた。

   ◆◆◆

『祈祷』が終わった後、リックはクレアと共に再び訓練場へと戻っていた。
 リックはどこか思い詰めたような顔をしていた。リックが考えていることを察したクレアは口を開いた。

「……早くエリスも魔法が使えるようになれば良いのですが」

 リックの息子エリスはいまだ無能力者であった。この一族の歴史において、エリスの年齢で魔法能力が目覚めていないのは珍しいことであった。
 リックは思い詰めた表情のままクレアに問うた。

「母上、もしエリスがこのまま魔法使いに目覚めなければどうなるのでしょうか? 我が子も没落貴族の子らのように、『収容所』に入れられてしまうのでしょうか?」

 これにクレアは少し考えた後、口を開いた。

「信仰の象徴である我等の子がそのような扱いを受けることはない……と信じたいですね」

 リックの問いにクレアは確かな答えを返すことはできなかった。しかしこれがリックの中にある何かを強く刺激したようであった。
 リックは力強さを感じさせる目をクレアに向けながらこう言った。

「母上、だから私は戦争に出たのです。武功を重ね、いつか我が一族にかつてのような力と威厳を取り戻したいと思っているのです。
 そうすれば私の息子の将来もきっと不安の無い幸せなものとなる、私はそう信じて戦っているのです」

 リックのこの弁にクレアは何も言うことができなかった。
 良い考えだとは感じていた。しかしクレアは素直にその考えを賞賛することはできなかった。
 今の魔法信仰は腐敗(ふはい)している。ならばその象徴である我等は静かに座したまま死ぬべきではないか、クレアはそう思っていたからだ。
 母のこんな考えを知らないリックは力強い口調で言葉を続けた。

「ですが、前の戦いで私は自身の不足を思い知りました。母上、私はもっと強くなりたい」

 そう言いながらリックは身構えた。それを見たクレアは自身の考えを胸の奥にしまい、同じように身構えた。

 リックの戦う目的はディーノと同じであった。彼は息子のため、そして家の再興のために研鑽を重ねていた。
 だが研鑽を重ねているのは彼だけではなかった。

   ◆◆◆

 場所は変わってクリスの城――

 いまだ修復作業が続くその城の片隅で、二人の男が対峙していた。
 一方は全身を甲冑で覆っており、既に戦闘体勢を取っていた。「刀」の切っ先を相手の顔に向けたまま、それを握る左手を右顔前に置く独特の構えから、その者がアランであると判別できた。
 そして対峙する男、クラウスはアランに向けて右手をかざしていた。

「では、よろしいですか? アラン様」
「ああ、いつでも構わない」

 アランは右手から魔力を送りこみ、刀を発光させた。それを見たクラウスはかざした右手からアランに向けて光弾を放った。
 迫る光弾に対しアランはぎりぎりまで動かなかった。そして光弾が刀の間合いに入った瞬間、アランは「光る刀」を突き出した。
 アランの「光る刀」は光弾の中央をきれいに捉え、切り裂いていった。そして光弾は収束する力を失い、霧散(むさん)した。
 しかしその欠片のひとつがアランの顔面に直撃した。これにアランは仰(の)け反(ぞ)り、後ずさった。

「大丈夫ですか! アラン様!」

 クラウスはそう声を上げ、アランに駆け寄ろうとした。しかしアランが手をかざして制止の意を示したため、その足を止めた。

「これくらい大丈夫だ! 構わず続けてくれ!」

 アランはそう言って再び構えたが、クラウスはこれに難色を示した。

「……アラン様、やはりこの訓練は危険すぎるように思えるのですが」

 アランがこの訓練を通じて何を得たいかは理解できる。「光の剣」で光弾を捌くことができるようになれば戦い方が広がるであろう。
 しかし今のアランの構えでは顔と剣の距離が非常に近くなってしまう。これでは失敗すれば先ほどのように顔面に魔法を受けることになる。鉄仮面をかぶっているとはいえ、当たり方によっては首を痛める恐れがあった。
 そう思ったクラウスは考え、口を開いた。

「剣で魔法を捌(さば)く練習をするよりも、左手で光魔法を扱う訓練をしたほうが良いと思うのですが。それができるようになれば、左手で光の剣を振るいつつ、空いた右手に盾を持つことができるようになります」

 クラウスが言ったことは至って正論であった。アランもまたそのことを分かっていたが、クラウスの弁にこう反論した。

「……すまないクラウス。今はこの光の剣にすがりたいんだ」

 的を射ないアランの答えにクラウスは沈黙を返し、言葉の続きを促(うなが)した。

「父上に教えられた訓練法を続けること約二年と半年、それだけの時間をつぎ込んで俺が得たのは、この不自由な右手で光魔法が使えるようになったことだけ。それもできるのは剣に光を纏わせることだけで、光弾を撃つことも、防御魔法を展開することもできない。
 幼い頃に父上が言ったように俺に魔法の才は無いのだろう。では、そんな俺が左手でも光魔法を使えるようになるにはあと何年研鑽を積まなければならないのか」

 言いながらアランはその左手に魔力を込めた。その手に発現したのは光魔法ではなく炎魔法であった。

「クラウス、俺はそこまでの根気は持ち合わせていない。今はただこの構えと光の剣が持つ可能性に賭けてみたいんだ」

 アランの弁に対しクラウスはどこか納得していない様子であったが、

(確かに、アラン様の言っていることは一理ある。手に入るか分からぬものを追うより、いま手元にあるものを磨くほうが良いのかもしれぬ)

 そう考えたクラウスは口を開いた。

「……わかりました。では、私もその可能性とやらを信じてみることにしましょう」

 そう言ってクラウスはその右手をアランに向けてかざし、アランもまた同様に身構えた。

   ◆◆◆

 アランの無茶な訓練は雨が降り始めても続けられた。
 冷たい雨がしとしとと降る中、クラウスが光弾を放つ。そして対峙するアランがそれを光の剣で迎え撃つ。
 結果は失敗。甲冑に光弾がぶつかった甲高い音の後、アランは泥水を派手に跳ね上げながら仰向けに倒れた。
 もう何度も見た光景であった。ゆえにアランの体は泥塗れであった。
 アランはずれた鉄仮面を指で直しながら立ち上がり、再び身構えた。
 クラウスはもう何も言わなくなっていた。アランが立ち上がってその刀を構える限り、この無茶な訓練を続ける心構えであった。
 クラウスが再び光弾を放つ。アランはこれまでと同じように光る剣で迎え撃った。
 しかし今回は先ほどまでとは少し違っていた。アランが放った光る突きは、光弾の中心を捕らえなかった。
 刃は光弾の表面を捕らえ、光弾は刃の上を滑るように移動していった。アランは咄嗟に刃を光弾の中心に向けて捻り込み、その勢いのまま真横に切り払った。
 結果、光弾はアランの顔の横を通り抜けながら霧散した。これを見たクラウスは「おお」と感嘆の声を漏らした。
 初めての成功と言える結果であった。アランはこの時、光弾をただ斬るのでは無く、受け流しつつ切り払うことが極意であると悟った。

「これだ! これを完璧にものにしなくては! さあクラウス、続けてくれ!」

 アランの声にクラウスは応え、再び光弾を放った。
 この日の訓練はアランが力尽き膝をつくまで続けられた。

 光の剣に望みを託し修練を積むアラン。
 しかしこの後、その望みを絶つかのような強敵がアランの前に立ち塞がる。その戦いでアランは光の剣の強さを実感すると同時に、自身の未熟さを思い知るのである。

   第十六話 炎と冷気 に続く
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
4位
アクセスランキングを見る>>