名状し難きタコ

クトゥルフ(Cthulhu)――それは、クトゥルフ神話などに登場する架空の神性、あるいは宇宙生物のことである。
クトゥルフの登場する神話作品は数多いが、初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『クトゥルフの呼び声』(The Call of Cthulhu、1926年)である。
オーガスト・ダーレスの体系付けたクトゥルフ神話においては旧支配者の一柱で、「水」を象徴している。「風」の象徴であるハスター(一説にはクトゥルフの兄弟とも言われる)とは対立するものとされた。一般には、タコに似た頭部、イカのような触腕を無数に生やした顔、巨大な鉤爪のある手足、ぬらぬらした鱗に覆われた山のように大きなゴム状の身体、背にはコウモリのような細い翼を持った姿をしているとされる。
(wikiより)

――

ある海の底に、一匹のタコと一匹のタコのような何かがいました。

タコ「……はあ」

タコは少し疲れていました。

タコ?「~~♪」

対照的に隣にいるタコのような何かは超元気でした。思わず歌い出すくらいに。



タコ「……なあ」
タコ?「なに?」
タコ「その歌やめて」
タコ?「なんで?」
タコ「なんか不安になるから」
タコ?「えぇ~…」
タコ「ていうか、その歌なに? 聞いたこと無いんだけど、なんていう歌なの?」
タコ?「知らない。気がついたら歌えるようになってた」
タコ「は?」
タコ?「~~♪」
タコ「いや、だからやめてってば」
タコ?「えぇ~…」
タコ「ていうか、前から思ってたんだけど、お前、タコっぽくなくない?」
タコ?「え? どこからどう見てもタコでしょ」
タコ「いや、どこを比べてもタコじゃないよ。タコは触手にトゲとかついてたりしないから。タコはそんなに目が多くないから」
タコ?「何言ってるの?! そういういじわるは好きじゃないな!」
タコ「いや、いじわるじゃないから。ていうか、よく見るとお前、よくわからんものがついてるな。なんだこれ?」

むにゅ

タコ?「キャーーーーー!(目から怪光線)」
タコ「ギャーーーーー!」
タコ?「突然なんてとこ触るのよ! このスケベ! 変態!」
タコ「そのよくわからんものはそんなにデリケートなものだったのか?! ていうかお前は女だったの?! ていうかタコは目からビームとか出せねーから!」
タコ?「ごめんごめん。大丈夫?」
タコ「割と大丈夫じゃないよ。ちょっと焦げたよ。タコ焼きになるかと思ったよ」
タコ?「そういえばタコ焼きで思い出したんだけど、」
タコ「ん? 何?」
タコ?「最優先制圧目標は、やっぱり大阪だよね」
タコ「は? 最優先制圧目標? 何の話?」
タコ?「あれ? 命令はまだ降りてきてないの?」
タコ「は? 命令? 何の話?」
タコ?「宇宙から交信が来るでしょ? 地球を征服しろって感じのやつが」
タコ「いや、まったく来ないよ? 来ていたとしても、そんなものを受信する機能はタコには無いよ?」
タコ?「そうかー。まだまだ子供なんだね」
タコ「子供だからだとか、そういう問題じゃ無いよね?」

こんな感じで二匹は今日も一日馬鹿話をするだけに終わった。
地球を脅かすかもしれない恐怖の存在は今日も何もしなかったのであった。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

燃える雪合戦!

雪合戦! それは熱いスポーツである!(たぶん)
投げる雪球、その一つ一つに己の人生を込めるのだ!(そういうことにしてほしい)

そしてここにも一人、一つの雪球に己の魂を込めようとしている漢(おとこ)がいた!

漢「今日こそ決着を着けるぞ! 我が生涯の宿敵(とも)よ!」
ライバル「望むところだ、来い!」
漢「行くぞぉ! これが、今日のために編み出した魔球、『燃える雪球』だぁーーーッ!」
ライバル「なにぃーーー?!」

本当に雪球が燃えた。だからライバルはびっくりした。
この勝負の結果がどうなったかは言うまでも無いだろう。そうだね。溶けちゃうよね。
でも、相手をずぶ濡れにするという嫌がらせ効果はあったよ。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

熊さん16

熊さん

俺は熊。高校生だ。
俺は今、バイクで登校している。

今日は涼しい。バイクに乗るには良い日だ。雨が降っていなければだが。
今は梅雨。今日は大雨だ。

当然のようにずぶぬれである。水もしたたるいいクマである。
でも大丈夫。ちゃんとレインコートを着ているから。

ただ、このレインコートはもう年季物なので、雨漏りが少し心配――

(あ)

瞬間、「じわ」という冷たい何かが染みこんでくる感覚が走った。陰部に。

   ◆◆◆

トイレにピットイン。
すぐにデリケートな部分の状態を確認する。

「Oh」

デリケートな部分がデリケートなことになっていらっしゃる。
アカン。これは恥ずかしい。ちょっともらしちゃったみたいな感じになってる。

「……まあ、でも、これくらいならすぐ乾くやろ」

気を取り直したワイは再びバイクにまたがった。

   ◆◆◆

しかし走り出してから三分もしないうちに、

(あ)

「じゅわ」という冷たい何かが染みこんでくる感覚が走った。

   ◆◆◆

二度目のピットイン。
すぐにデリケートな部分の状態を確認する。

「holy shit」

とんでもないことになってる。完全にやらかした感じになってる。
アカン。これはすぐには乾かない。
ならばどうするか。
ひらめいた。乾かないなら濡れちゃえばいいじゃない。

「……フンガーッ!」

レインコートの胸元を力任せに引き裂く。
よしこれでいい。
上半身の前面をびしょぬれにすることで、陰部をごまかす作戦だ。
これならすぐに陰部もびしょぬれになるだろう。レインコートの胸元がやぶれちゃったから、アソコまで雨水が垂れてきちゃった、という言い訳が出来る! 完璧! 天才!
自分のひらめきの良さが怖いわ。そんなことを考えながらワイは再びバイクにまたがった。

   ◆◆◆

「みんなおはよう!」

無駄に元気に挨拶しながら教室に突入するワイ。
クラスの連中の視線が集まる。
目立つよな。しょうがない。びしょぬれやもん。
……あれ? なんか、皆の視線が下に向いてるような。

「おい、熊、それ……」

友達が下部を指差す。
なんやねん、と思いながら下を向くと。

「オーマイガ」

陰部の周りがちゃんと濡れてないー! 濡れてない部分がドーナツ型になってるー! 超目立つー!
言い訳タイム開始ー!

「いや、これは違うんや」
「違うって、何が?」
「これはねドーナツ放熱現象のせい」
「は? ドーナツ放熱現象?」
「そや、ドーナツ型に放熱される現象のことや。熊のここはそういうふうになってんねん。その筋の学会では有名な話や」
「その筋ってどの筋だよ」
「とにかくそういうわけやから違うんや」
「違うって何が?」

この話題は昼休みまで引っ張られた。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

熊さん15

熊さん

俺は熊。高校生だ。

その日、俺は思い切って友達に悩みを打ち明けることにした。

熊「なあ、ちょっと聞いてくれるか」
友達「いやや。めんどくさい」

2秒で終わった。俺達の友情しょぼすぎ。

熊「そんなこというなや。とりあえず聞けって」
友達「しゃあないな。じゃあ30文字でまとめてくれ」
熊「30で?!」
友達「うん」
熊「いや……30は……ちょっときついかな~」
友達「じゃあナシで」
熊「……わかった。ちょっと考えるから待って」
友達「……はよ」
熊「……ばあちゃんボケた↑♪ 兄貴が介護↑♪ イェア! 俺どうしよう!♪ どうすればいい?♪ わからない!♪ YO↑ YO!↑」
友達「……なんでヒップホップにした? しかも30文字越えてるやん」
熊「将来ヒップホップで食っていこうかなと思ってるから」
友達「ヒップホップで?!」
熊「嘘に決まってるやろ。要はばあちゃんの介護で兄貴が大変なことになっとんねん」
友達「その説明だけでええやん! ヒップホップにする必要一切無いやん! 30文字以内で簡潔にまとまってるやん!」
熊「それで、ワイはそんな兄貴にどうしたらいいと思う?」
友達「……どうしたらいいかはまだわからん。もっと詳しく説明してくれ。なにが大変なんや」
熊「仕事との両立が大変なんや。兄貴が住んでる職場の寮からばあちゃんの家は結構な距離があるし。往復だけでもしんどいって言ってた」
友達「……それは厳しいな。今の仕事をやめて引っ越せば、なんて軽はずみなことは言えんし。……正直、赤の他人でただの学生の俺が正解を出せることでは無いような気がするぞ」
熊「チャラいお前に人生の分岐を決めてもらおうなんて思ってないし、期待もしてないから安心してくれ。ぶっちゃけ誰かに聞いてほしかっただけやし」
友達「割とマジでひどいこと言ってね? 怒っていい? 俺、怒っていいよね?」
熊「ごめんごめん。冗談冗談」
友達「……老人ホームとか、あの、介護施設? とかいうやつには入れんのか?」
熊「全然空きが無いって。どこも一杯みたいや」
友達「兄貴以外に誰か頼れる人はいないの?」
熊「……いないことはない、けど」
友達「けど?」
熊「多分、いい返事はもらえんと思う」
友達「なんで?」
熊「……その原因はばあちゃんにあんねん」
友達「ばあちゃんの何が問題なんや」
熊「うちのばあちゃんは性格が荒いんや。すぐに手が出る。その正確のせいでばあちゃんは一人暮らしになった。そしてボケた今でもその気質は変わってない。だから兄貴以外の誰も世話をしたがらんねん。その兄貴もイヤイヤでやってる」
友達「……」
熊「それを見てワイは思ったんや」
友達「思ったって、なにを?」
熊「これは人生の縮図なんやなって」
友達「縮図?」
熊「そうや。老いて、力が無くなって、どうしようもなくなったその時、どう扱われるかにその者の人生が現れるねん」
友達「……」
熊「金があれば人を雇えたかもしれん。金が無くともそれまでの行いが善ければ、世話をしてくれる人が現れたかもしれん。……やけど、ばあちゃんにはそういうものが何も無かった。金遣いの荒い乱暴者の終わり方なんてそんなものなのかもしれん」
友達「確かに、それはその通りかもしれんな」
熊「……ワイはまだ若いけど、ちょっと不安やわ。ワイ、性格悪いし」
友達「自分のことをよくわかってるな」
熊「うるさいわ」
友達「……まあでも、そうやな、真剣に考えれば俺も不安やわ。もし、どうしようもなくなってしまった時、誰にも迷惑をかけずに静かに自分を終わらせる度胸なんて、全然無い」
熊「……」
友達「……」
熊「……だからな、ワイは帝王を目指すことにした」
友達「……え? 今なんつった? 帝王?」
熊「そうや帝王や。皇帝でもいい」
友達「……一応聞くけど、なんで?」
熊「老後ためにきまっとるやろ! 帝王になれば老後の心配なんていらへん! 周りの連中全部アゴで使って世話させれるやん! 権力で老後という脅威をねじ伏せたるねん!」
友達「またアホなことを言い始めたな」
熊「確かに帝王は大げさかもしれん。もうちょっと現実的な役職を狙っていくわ」
友達「え? マジで言ってんの?」
熊「そうや。そのための努力を明日から、いや、今この瞬間から始める!」

そう言って熊は一冊の本を取り出した。
表紙には「熊でもわかる帝王学」と書いてある。

友達「……お前、本物のアホなんじゃね?」

あきれる友達をよそに、本にかじりつく熊。

しかし友は気付いていなかった。
この瞬間から伝説が始まったのだ!

次回から新章『覇道編』がスタート!
熊が破竹の勢いで帝王の座へかけあがる物語を描く!










うそです

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
4位
アクセスランキングを見る>>