シヴァリー 第四十七話

第七章表紙
【アランが父に代わって歴史の表舞台に立つ】

   ◆◆◆

  炎の紋章を背に

   ◆◆◆

 その後、戦いは緩やかに終わった。静かに潮が引いていくように。
 城を攻撃していた影達の何人かはアランに仕掛ける素振りを何度か見せたが、それが実行に移されることは結局無かった。
 影達は皆分かっていたのだ。カルロを倒した時点でこの場は及第点であると。
 共有はされていなかったが、皆心の奥底ではそう思っていた。ゆえに、全員が静かに、そしてゆっくりと戦場から離脱していったのだ。
 そしていま、ルイスは瓦礫の撤去作業をする兵士達の姿を遠目に眺めていた。
 時刻は既に夕方にさしかかっていたが、兵士達の手が止まる気配は無かった。
 アラン達は治療のために既にその場から離れていた。掘り出されたクラウス達と共に。
 シャロンに立ち向かった者の中で、残っているのはルイスだけであった。
 ルイスは包帯の巻かれた右肩を左手で撫でながら、ある人物を待っていた。
 その人物の到着は遅れているように思えた。
 右肩から生じるうずきがその退屈さを紛らわせてくれていたが、その慰めも限界を迎えつつあった。
 もう教会に帰るか、そんな考えが脳裏によぎった直後、

「ただいま、ルイス」

 待ち人であるナチャはようやく、ルイスの前に姿を現した。
 その遅い帰還の挨拶に、ルイスは早速心の声で文句を返した。

「妙に遅かったな。ディーノと同時か、もっと早く帰って来ると思っていたんだが」

 これに、ナチャは表情を苦いものに変えながら理由を答えた。

「君に預けた分身を探していたんだよ。……ルイス、分身が勝手に逃げ出していたことに、気付いていたかい?」

 言われてからようやくルイスは気付いた。
 いつの間にかいなくなっている。
 アランが力を使い果たす少し前までは彼の中にいたはずだが。
 そう思ったルイスは記憶を辿り直した。
 が、その後の消息はやはり分からなかった。
 自分に非があることを理解したルイスはそのことを謝罪しようとしたが、それよりも早く、ナチャが口を開いた。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

シヴァリー 第四十六話

   ◆◆◆

  暴風が如く

   ◆◆◆

「!?」

 それを感じ取った女は目を見開いた。
 一瞬だったが、間違い無かった。
 自分が知っている気配。
 自分の「戦闘技術の基本」となっている者の気配!

(この気配をアランの中から感じ取れたということは……!)

 答えは一つしかなかった。
 間違い無く、ナチャが中に居る。

「……っ!」

 その事実に、女は歯を食いしばった。
 そしてルイスに対して叫んだ。
 こうまでして私を止めたいのか、と。
 その叫びに、アランが応えた。

「そうだ」と。

 何としても、お前に勝つ、と。
 その言葉が女の心に響いた直後、

「!」

 再び、女の心に緊張が走った。
 新たな魂の気配。
 知っている気配。

(これは……カルロ?)

 女の心に「そうだ」というカルロの声が響く。
 そしてカルロの魂は堂々と姿を現し、二つに分裂し、アランの両腕に張り付いた。

(まさか?!)

 カルロが何をしようとしているのか、女には予想がついた。
 そしてカルロは、その通りの事を女に見せ付けた。
 両腕に張り付き、未熟なアランの神経網を補う。
 これが何を意味するのかは、考えるまでも無い。
 同時に、「あの男」の魂も動いていた。
 カルロよりも多くの数に分裂。
 しかし一つ一つは小さくない。あらかじめ多くの食事を与えられているからだ。
 そして「あの男」は、アランの腕に、そして足に、頭に張り付いた。
 これが何を意味するのかも、考えるまでも無い。
 だから女は、

「……っ!」

 警戒と共に、足を後退させた。
 しかしその歩幅、歩調ははっきりとしない。
 どれくらい距離を取り直せば安全なのか、判断が付かないからだ。
 対し、アランはその迷い足をあざ笑うかのように、さらなる変化を見せた。

「っ!」

 それを見た女の表情に焦りと恐怖が混じる。

バージルの中に広がる夜空

 第一印象は星空であった。
 体の中を天の川が埋め尽くす、あの現象に似ていた。
 しかしその星々、一つ一つが全て魂で出来ている。
 さらに、全て別人だ。
 それを感じ取った女は即座に叫んだ。

(いくらなんでも、こんな数はありえない!)

 しかし現実は目の前にある。
 アラン特有の利点、それは『食堂の大きさ』であった。
 魔王と同じである。アランも遺伝子疾患を抱えているのだ。
 脳内にある魂の工場が肥大化しているのだ。
 そしてこの瞬間、アランは雲水が目指している「無形」の理想形の一つを完成させていた。

続きを読む

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

シヴァリー 第四十五話

   ◆◆◆

  伝説との邂逅

   ◆◆◆

「赤い女はどこだ!?」

 城を守る兵士の誰かが声を上げる。
 しかし返答は無い。
 いつからか、シャロンは「赤い女」と呼ばれるようになっていた。
 血化粧をしたまま走っているのを見た、という情報が共有されたからだ。
 既に城は攻められていた。
 屋根の上を、城壁の上を影が、侵入者が走り回っている。
 それを追うように、光弾と矢が飛び交っている。

「……」

 その様子を女は離れたところから観察していた。
 街への陽動は功を奏していた。
 女がここに来ているかもしれないという情報が共有されたため、城を守る兵士達はその数を戻しつつあるが、この程度ならばまだ問題は無い。
 そして今飛び回っている影達も陽動である。
 既に、アランのところまで強行突入出来るほどにはなった。
 アランがいる場所は玉座の間。カルロが「最も手堅い場所」と思っている広間。

「……ふうん」

 そこにいる兵士の配置、そして人数を調べ終わったところで、女は声を漏らした。
 その口には薄い笑みが張り付いていた、
 なぜならば、

(『あの時』よりは簡単そうね)

 と、思ったからだ。
『あの時』とは違い、カルロとクリス、そしてリックとクレアがいるにもかかわらずである。
 なのに女がそう思える理由、それは――

続きを読む

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

シヴァリー 第四十四話

   ◆◆◆

   再戦

   ◆◆◆

(近付いてくる。始まったか)

 移動を感じ取ったルイスは椅子から立ち上がった。

「どうしました?」

 テーブルの対面側に座っていたクレアがその行動の理由を尋ねる。
 ルイスは即座に答えた。
 しかしその答えは嘘であった。

「これから用事があるのですが、付き合っていただけますか?」

 そしてこの用事へのお誘いをクレアに断らせるつもりはルイスには無かった。

   ◆◆◆

「……!?」

 その移動をアランも感じ取った。

(俺を尾けてきていた連中の仲間らしきやつらが、ここに向かって来ている……!)

 一体こいつらは何なんだ。俺に何の用があるというのだ。

(いや、それはもう聞かずとも――)

 明らかなことだ。自分にとって害ある存在であることは。
 しかし今回は数が多い。
 数百人ほどいる。一つの部隊と言える数だ。
 こんなに数を揃えて何をするつもりなのか。

(まさか、こいつらは――)

 それはすぐに想像がついた。
 その想像が映像という形を完成させる直前、

「アラン様、御父上様がお呼びです。会議室にお越し下さい」

 ドアの向こうから自分を呼ぶ声が響いた。
 これにアランは、

「あ、ああ。分かった。すぐに行く」

 動揺した声を返すことしか出来なかった。

   ◆◆◆

 会議室に向かう途中、アランはクラウスと出会った。

「アラン様!」

 息を少し切らしたその様子から、心を読むまでも無かった。
 クラウスも感じ取ったのだ。不穏な連中が大勢で向かって来ていることを。
 だから、アランは「分かっている」という意味を込めた頷きをクラウスに返した。
 そして分かっているのはアランとクラウスの二人だけでは無かった。
 もう一人、察知している人間が廊下に声を響かせた。

「お二人もカルロ将軍に呼ばれたようだな。……それはさておき、何か嫌な感じがしないか?」

 声がした方に二人が振り向くと、そこにはクリスがいた。

続きを読む

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
3位
アクセスランキングを見る>>