話せない9

犬さん

俺は犬だ。

この世には喋れる動物が数多くいるが、俺は喋れない。
「ワン」か「バウ」くらいしか言えない。

だが、考えることは出来る。人間のように。
俺の飼い主がそれに気づいているかどうかはわからないが。

犬「~~♪」

俺は外を散歩していた。

ご主人様はいない。俺だけだ。
俺は一匹で家を出てきたのだ。

俺は自力でドアを開けることが出来る。鍵だって外せる。
このように、出ようと思えばいつでも出られるのだ。

この開放感。素晴らしい。自由とはこういうことなのだ。

もちろん、ご主人様が心配しないうちに帰るつもりだ。
日が暮れる前に戻れば問題無いだろう。

さて、どうしようか。

とりあえず天気が良いし、いつもの公園で日向ぼっこでもしよう。

   ◆◆◆

公園には先客がいた。

猫

猫「あ」
犬「あ」

目と目があった瞬間、猫は走り出し、木の上に登った。
俺はそのその慌しい様子を冷めた目で見つめた後、ため息混じりに口を開いた。

犬「ワォ~ン(なんだ猫か)」
猫「ニャア?(え? 襲い掛かってこないの?)」
犬「バウ(今日の俺は心が広いのだ。そんな気にはなれん)」
猫「……ニャオン(ふーん)」

理解した風な口を利いたが、猫は木の上から降りてこなかった。
俺を警戒しているのだろう、そう思えた。この時は。

犬「バウバウ(じゃあ俺はそこの芝生で一眠りさせてもらうから、邪魔しないでくれよ)」
猫「ニャア(あ、うん)」

   ◆◆◆

一時間後――

猫「なあなあ、ちょっとちょっと」
犬「ぐうぐう(寝)」
猫「なあなあなあなあなあ」
犬「……うるさいなあ、なんか用か?」
猫「ちょっと頼みがあるんやけど」
犬「なに?」
猫「そこに植木職人が忘れて置いていったはしごがあるやろ?」
犬「あるな」
猫「それをこっちまで持ってきてくれんかな?」
犬「え、なんで?」
猫「え? なんでって、そりゃあ……」
犬「え? まさか、怖くて降りられへんの?」
猫「いや、そんなことないけど」
犬「え? じゃあなんで?」
猫「いや……なんとなく、はしご使ってみたいなあって思って」
犬「めんどくさいわ、自分でやれや。じゃあおやすみ」
猫「待って待って待って聞いて」
犬「なんやねん。自分、やっぱり怖くて降りられないだけやろ?」
猫「いや、そうじゃないよ」
犬「じゃあどういうことなんや」
猫「……うーん、一言で説明するのは難しいんやけど」
犬「はしご使うのに難しい理由があんのか!?」
猫「……うーん、そう、おおざっぱに言えば、哲学的理由、かな」
犬「哲学!? はしごに哲学が関係すんの!?」
猫「そうや」
犬「どういうことや」
猫「考えたことは無いか? 何故はしごはそこにあるのか、とか、はしごが存在する意味とはなんなのか、とか」
犬「いや、全然考えたことないし、考える必要性も全く感じられん」
猫「俺が今はしごを使わなければ、彼の存在理由は、価値は泡沫と消えてしまうのではないか! そういう風に考えたことは無いか!?」
犬「全然無いし、どうでもいい。じゃあおやすみ」
猫「待って待って待って聞いて!」
犬「なんやねん! 自分、やっぱり怖くて降りられないだけやろ!?」
猫「いや、そうじゃないよ」
犬「じゃあどういうことなんや」
猫「……うーん、一言で説明するのは難しいんやけど」
犬「早く言え」
猫「……うーん、そう、おおざっぱに言えば、宗教的理由、かな」
犬「宗教!? はしごに宗教が関係すんの!?」
猫「そうや」
犬「どういうことや」
猫「宗教的理由から俺は今はしごを使わなければならないのだ」
犬「だからその理由はなんや」
猫「……えー、宗教に理由がいる?」
犬「いや、いるやろ」
猫「……あー、えーと、ああ、そう、あれ、あれや」
犬「あれってなんや」
猫「愛や」
犬「愛?」
猫「そうや愛や。愛のために俺ははしごを使わなければならないのだ」
犬「……」
猫「……」
犬「それ言い訳にしても苦しくない?」
猫「やっぱりそう思う?」
犬「じゃあおやすみ」
猫「待って待って待って聞いて!」

こんなやり取りを三回ほど繰り返した後、
犬はしょうがなく猫のためにはしごを持っていってやった。
(ちなみに最後の言い訳は『ばあちゃんの遺言』だった)
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

話せない8

犬さん

俺は犬だ。

この世には喋れる動物が数多くいるが、俺は喋れない。
「ワン」か「バウ」くらいしか言えない。

だが、考えることは出来る。人間のように。
俺の飼い主がそれに気づいているかどうかはわからないが。

犬「……」

秋の夜、俺はご主人様の背中を眺めていた。

娘「……」 カタカタ

ご主人様は相変わらずパソコンを触っている。
最近、『ブログ』というものを始めたようだ。

娘「……よし! コメント返し終わり! じゃあ早速、今日の記事のネタを……」

そう言って、ご主人様は俺の方にカメラを向けた。

娘「はいはい、笑って笑って」 パシャパシャ

犬「……」

どうやら、俺はその『ブログ』とやらのネタにされているようであった。

   ◆◆◆

深夜――

犬「……」

俺は悩んだ。眠れないほどに。

ご主人様がかまってくれるようになった。それは嬉しい。

しかし、こんな形では望んでいなかった。

犬(……馬鹿な、何を悩むことがあるんだ)

人に媚びる、それも犬の務め(つとめ)の一つだろう。

ご主人様は『ブログ』が賑わうことを望んでいる。

ならば、俺がやるべきことは、目指すところは一つしかない。

犬(……決めた! 俺はアイドルを目指す!)

トップアイドルになって、スターになって、ご主人様のブログを天下に知らしめるのだ!

   ◆◆◆

次の日から、俺は早速レッスンを開始した。

最初に始めたのは「キメ顔」の練習であった。

鏡を見ながら、ベストな角度と表情を探す。

犬(……こうか? いや、違うな……、もっと母性本能をくすぐる表情のほうが……いや、違うな……)

そんな感じで、鏡とにらめっこをする日々がしばらく続いた。

   ◆◆◆

一週間後、俺は遂に「キメ顔」を習得した。
自分で言うのもアレだが、かなりカッコいいと思う。

娘「……」 カタカタ

俺はご主人様がカメラを手にする瞬間を待った。

娘「……よし! コメント返し終わり! じゃあ早速、今日の記事のネタを……」

そう言って、ご主人様は俺の方にカメラを向けた。

犬(今だ!)

目線はカメラに向けたまま、右下に少し(角度にして32度)うつむく! 

犬(キリッ)

パシャ

娘「……」

犬「……」 キリッ

……ふっ。あまりのカッコよさに、ご主人様も言葉が出ないと見える。

娘「……う~ん」

ん?

娘「正面から撮りたいなあ」

え?

娘「こっち向いて、こっち」

言いながら、ご主人様は俺の顔を掴んだ。

犬(ちょ?!)

ご主人様の手に力がこもる。

俺は抵抗した。全力で。

娘「ちょっと?! なんで抵抗してるの?! こっち向いてよ!」

イヤだ! この顔を撮って欲しいの!

娘「こっちを向きなさい!」

イ・ヤ・だ!!!

娘「ま・え・を・む・け!!!」

グキッ

犬(はうぁ!)

パシャ

娘「……う~ん、なんか変な顔になっていた気がするけど、もういいや。これで記事を書こう」

そう言って、ご主人様は撮ったばかりの画像をブログにアップした。

俺は後ろから覗き込んでその画像を確認した。

犬(……なんじゃこりゃあ!)

ムンクの叫びみたいな顔になってる!

娘「……ちょっと変顔になっちゃったけど、これはこれで面白いからいいか」

犬(ぜんぜん良くないよ! 首も痛いよ!)

俺はご主人様の背中を引っかいて抗議したが、俺の願いが聞き入れられることは無かった。

――

ちなみに、その変顔は好評を博し、犬は一躍有名になりました。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

話せない7

犬さん

俺は犬だ。

この世には喋れる動物が数多くいるが、俺は喋れない。
「ワン」か「バウ」くらいしか言えない。

だが、考えることは出来る。人間のように。
俺の飼い主がそれに気づいているかどうかはわからないが。

犬「……」

涼しくなってきた残暑の夜、俺はご主人様の背中を眺めていた。

娘「……」 カタカタ

最近、ご主人様が冷たい。

犬「……」

娘「……」 カチカチ

『ぱそこん』とかいう物ばかり触って、全然かまってくれない。

犬 <●> <●> じーーーーー…

娘(背中にすごい視線を感じる……)

遊んでほしい。ナデナデしてほしい。

犬(……よし、やるか)

俺は待つオスでは無い。
上を向いて口を開け雨を待つような、そんな受身な行為は性に合わないのだ。
自慢じゃないが、生まれてこのかた、『待て』という命令にちゃんと従ったことなど一度も無い。

俺は早速欲求を満たすために行動を起こすことにした。

だが、やりすぎは駄目だ。それでご主人様の機嫌を損ねてしまっては本末転倒というもの。

犬(そう、さりげなくだ。あくまでもさりげなく――)

初手は近付きすぎず、遠すぎず――そう、「間合い」が大事だ。
相手のパーソナルスペースを尊重した立ち回りが求められるのだ。

犬「……」

犬は何も言わず、ゆっくりと立ち上がり――

娘「……」

娘の目の前に、パソコンへの視界を遮るように、彼女の膝の上に座った。

娘(……画面がまったく見えない)

娘の表情に怒りの色が表れる。

犬(しまった! 踏み込みすぎたか!?)

いや、時には豪快さも必要だ。そして今はその時なのだ。たぶん。犬はそう思うことにした。

犬(ええい、ままよ! このままいくしかない!)

こうなったら攻めるのみ! まずはこれ!

犬「キュゥ~ン、キュゥ~~~ン」(うるうる)

48の必殺技の一つ! 目を潤ませながら甘い声でおねだり!

娘「……」

娘の顔から怒りの色が消える。

犬(相手の気が緩んだ! ここだ! ここで畳み掛けるんだ!)

犬は娘の膝の上で腹を見せるように寝転がった。

犬「キュゥ~ン、キュゥ~~~ン」(うるうる)

娘「……」

犬「キュゥ~ン、キュゥ~~~ン」(うるうる)

娘「……もう~。しょうがないな~」

口ではめんどくさいと言いつつも、娘は笑みを浮かべながら丁寧に犬の腹をなでた。

犬(ヒャッホォォォォォォォォォォウ!!)

言葉は通じずとも、それなりに気は合っている一人と一匹であった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

話せない6

犬さん

俺は犬だ。

この世には喋れる動物が数多くいるが、俺は喋れない。
「ワン」か「バウ」くらいしか言えない。

だが、考えることは出来る。人間のように。
俺の飼い主がそれに気づいているかどうかはわからないが。

今、俺はご主人様(娘)に散歩をしてもらっている。

幸せだ……。

犬(……ん?)

その時、犬の目にあるものが映りこんだ。

犬(あ、犬のウンコだ)

俺も犬だけど好き好んで踏みたくは無い。俺はキレイ好きなのだ。

進路を変えて華麗に回避。

だが、その直後、

娘「あ」

なんてこった。ご主人様が踏んでしまった。

娘「うわ~。やだ~」

本当にイヤそうな顔をしている。当たり前か。

娘「最悪だ~。今日はもう帰ろう」

え? もう散歩終わり?

ご主人様が踵を返し、家に向かって歩き始める。

俺は抵抗した。全力で。

娘「ちょっと! なに踏ん張ってるのよ! 帰るの!」

イヤだ。まだ帰りたくない。

娘「言う事を聞いてよ!」

イヤだ! 地に爪を立ててあらがう。

娘「言う事を 聞 き な さ い! 帰るって言ってるでしょ!」

イ ヤ だ!

拮抗した綱引きが続く。

いかん、前足が痺れてきた。位置を変えよう。

より踏ん張りやすい姿勢になるために、前足を一歩前へ出す。

ふにゅ。

犬「?」

え? ふにゅってなに?
なんか足の裏がやわらかくて暖かい。

娘「あ」

ご主人様は俺の前足を見て固まっていた。

視線を前足に落とす。

犬「……」

俺はウンコを踏んでいた。

娘「……えっと、あー、その、ゴメン?」

なんで疑問形なの。

悲しみに暮れる俺は、うるうるとした瞳をご主人様に返した。

娘「……そんな目で見ないでよ」

悲しい。愛が欲しい。今すぐ。

じり、と、ご主人様に詰め寄る。

娘「え? なに近づいて来てるの?」

抱きしめて欲しい。いつものように。

じり、と、ご主人様に詰め寄る。

娘「え? なに? なんなの?」

伝わらないこの気持ち。もどかしい。

いいもん。抱きしめてくれないなら、飛び掛っちゃうもん。
この「前足」で、飛び掛っちゃうもん。

じり、と、ご主人様に詰め寄る。

娘「ちょ、あんた、まさか」

ガバッ

娘「ぎゃーーーー!」

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ファンタジー
3位
アクセスランキングを見る>>