Evalyn Awake - Nothing Remains




歌詞:
Take my hand lets walk together I dont even know your name
Watch the falling rain upon your face a hurricane is blowing
The power lines are down for now your senses start to fail
It knocks your ass right off the tracks your train has derailed
Theres nothing you can do

Nothing Remains except for this change in the weather
Nothings the same except for my place in forever

Say the same things once again ill put you in your place
Dirty little girl I had what a damn disgrace
And you put a show on just to see the look upon their face
Now reveal the less appealing side that you became
Theres nothing you can do

Nothing Remains except for this change in the weather
Nothings the same except for my place in forever

Feelings have changed I dont think we belong together
As we walk away feeling effects of a never

Nothing Remains except for this change in the weather
Nothings the same except for my place in forever

Feelings have changed I dont think we belong together
As we walk away feeling effects of a never

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

シヴァリー 第四十四話

   ◆◆◆

  伝説との邂逅

   ◆◆◆

(近付いてくる。始まったか)

 移動を感じ取ったルイスは椅子から立ち上がった。

「どうしました?」

 テーブルの対面側に座っていたクレアがその行動の理由を尋ねる。
 ルイスは即座に答えた。
 しかしその答えは嘘であった。

「これから用事があるのですが、付き合っていただけますか?」

 そしてこの用事へのお誘いをクレアに断らせるつもりはルイスには無かった。

   ◆◆◆

「……!?」

 その移動をアランも感じ取った。

(俺を尾けてきていた連中の仲間らしきやつらが、ここに向かって来ている……!)

 一体こいつらは何なんだ。俺に何の用があるというのだ。

(いや、それはもう聞かずとも――)

 明らかなことだ。自分にとって害ある存在であることは。
 しかし今回は数が多い。
 数百人ほどいる。一つの部隊と言える数だ。
 こんなに数を揃えて何をするつもりなのか。

(まさか、こいつらは――)

 それはすぐに想像がついた。
 その想像が映像という形を完成させる直前、

「アラン様、御父上様がお呼びです。会議室にお越し下さい」

 ドアの向こうから自分を呼ぶ声が響いた。
 これにアランは、

「あ、ああ。分かった。すぐに行く」

 動揺した声を返すことしか出来なかった。

   ◆◆◆

 会議室に向かう途中、アランはクラウスと出会った。

「アラン様!」

 息を少し切らしたその様子から、心を読むまでも無かった。
 クラウスも感じ取ったのだ。不穏な連中が大勢で向かって来ていることを。
 だから、アランは「分かっている」という意味を込めた頷きをクラウスに返した。
 そして分かっているのはアランとクラウスの二人だけでは無かった。
 もう一人、察知している人間が廊下に声を響かせた。

「お二人もカルロ将軍に呼ばれたようだな。……それはさておき、何か嫌な感じがしないか?」

 声がした方に二人が振り向くと、そこにはクリスがいた。

続きを読む

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

これは胸糞悪くなる話。許してはならないし、忘れてもならない

まずは保守速報の次の記事を読んで欲しい。

文春の「自民下村が加計から献金」、誤報でしたwww 下村氏は刑事・民事訴訟に向けすでに動き始める

真実であるならば、胸糞悪すぎる。文春も都民ファーストもどっちもゲスすぎる。
両方とも無くなってほしいと思った。

なのでしばらくトップ記事にしますね。

DEAD EYES - Hallucinating



歌詞:
If I fell into a relapse would you even hesitate
To sign the dotted line that says do not resuscitate

I hear your voice like an angel calling out my name
If the devil returned my soul to me
I'd probably sell it back again

It's haunting my head
Like a day dream again
Is everything I know just make believe
The voices take control of everything
am i hallucinating

I feel it again crawling under my skin
Tell that it's all just make believe
The chemicals are coursing through my veins
am i hallucinating

I try to take a breath
But I start to panic more
Fluorescent light dilates my eyes
Just like a fucking morgue

I hear your voice like an angel calling out my name
If the devil returned my soul to me
I'd probably sell it back again

It's haunting my head
Like a day dream again
Is everything I know just make believe
The voices take control of everything
am i hallucinating

I feel it again crawling under my skin
Tell that it's all just make believe
The chemicals are coursing through my veins
am i hallucinating

I hear your voice call out my name like an angel there to save me
I look into the Devil's face
Am I Hallucinating

Hallucinating

It's haunting my head
Like a day dream again
Is everything I know just make believe
The voices take control of everything

I feel it again crawling under my skin
Tell that it's all just make believe
The chemicals are coursing through my veins
Am I Hallucinating

Hallucinating

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

The Used - The Bird And The Worm



歌詞:
He wears his heart
safety pinned to his backpack
His backpack is all that he knows
Shot down by strangers
whose glances can cripple
the heart and devour the soul

All alone he turns to stone
while holding his breath half to death
Terrified of whats inside
to save his life he crawls
like a worm from a bird
crawls like a worm from a bird

Out of his mind away
pushes him whispering
must have been out of his mind
mid-day delusions of pushing this out of his head
maybe out of his mind

All alone he turns to stone
while holding his breath half to death
Terrified of whats inside
to save his life he
crawls like a worm, crawls like a worm from a bird
crawls like a worm from a bird
crawls like a worm from a bird
crawls like a worm, crawls like a worm from a bird

All he knows
If he can't relieve it it grows
and so it goes
he crawls like a worm
crawls like a worm from the bird

Out of his mind away
pushes him whispering
must have been out of his mind

All alone he turns to stone
while holding his breath half to death
Terrified of whats inside
to save his life
he crawls like a worm from a bird
All alone he
Holding his breath half to death
Terrified to save his life
he crawls like a worm, crawls like a worm
crawls like a worm from a bird
crawls like a worm from a bird
crawls like a worm from a bird
crawls like a worm from a bird
crawls like a worm, crawls like a worm
crawls like a worm from a bird

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

名状し難きタコ

クトゥルフ(Cthulhu)――それは、クトゥルフ神話などに登場する架空の神性、あるいは宇宙生物のことである。
クトゥルフの登場する神話作品は数多いが、初出はハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説『クトゥルフの呼び声』(The Call of Cthulhu、1926年)である。
オーガスト・ダーレスの体系付けたクトゥルフ神話においては旧支配者の一柱で、「水」を象徴している。「風」の象徴であるハスター(一説にはクトゥルフの兄弟とも言われる)とは対立するものとされた。一般には、タコに似た頭部、イカのような触腕を無数に生やした顔、巨大な鉤爪のある手足、ぬらぬらした鱗に覆われた山のように大きなゴム状の身体、背にはコウモリのような細い翼を持った姿をしているとされる。
(wikiより)

――

ある海の底に、一匹のタコと一匹のタコのような何かがいました。

タコ「……はあ」

タコは少し疲れていました。

タコ?「~~♪」

対照的に隣にいるタコのような何かは超元気でした。思わず歌い出すくらいに。



タコ「……なあ」
タコ?「なに?」
タコ「その歌やめて」
タコ?「なんで?」
タコ「なんか不安になるから」
タコ?「えぇ~…」
タコ「ていうか、その歌なに? 聞いたこと無いんだけど、なんていう歌なの?」
タコ?「知らない。気がついたら歌えるようになってた」
タコ「は?」
タコ?「~~♪」
タコ「いや、だからやめてってば」
タコ?「えぇ~…」
タコ「ていうか、前から思ってたんだけど、お前、タコっぽくなくない?」
タコ?「え? どこからどう見てもタコでしょ」
タコ「いや、どこを比べてもタコじゃないよ。タコは触手にトゲとかついてたりしないから。タコはそんなに目が多くないから」
タコ?「何言ってるの?! そういういじわるは好きじゃないな!」
タコ「いや、いじわるじゃないから。ていうか、よく見るとお前、よくわからんものがついてるな。なんだこれ?」

むにゅ

タコ?「キャーーーーー!(目から怪光線)」
タコ「ギャーーーーー!」
タコ?「突然なんてとこ触るのよ! このスケベ! 変態!」
タコ「そのよくわからんものはそんなにデリケートなものだったのか?! ていうかお前は女だったの?! ていうかタコは目からビームとか出せねーから!」
タコ?「ごめんごめん。大丈夫?」
タコ「割と大丈夫じゃないよ。ちょっと焦げたよ。タコ焼きになるかと思ったよ」
タコ?「そういえばタコ焼きで思い出したんだけど、」
タコ「ん? 何?」
タコ?「最優先制圧目標は、やっぱり大阪だよね」
タコ「は? 最優先制圧目標? 何の話?」
タコ?「あれ? 命令はまだ降りてきてないの?」
タコ「は? 命令? 何の話?」
タコ?「宇宙から交信が来るでしょ? 地球を征服しろって感じのやつが」
タコ「いや、まったく来ないよ? 来ていたとしても、そんなものを受信する機能はタコには無いよ?」
タコ?「そうかー。まだまだ子供なんだね」
タコ「子供だからだとか、そういう問題じゃ無いよね?」

こんな感じで二匹は今日も一日馬鹿話をするだけに終わった。
地球を脅かすかもしれない恐怖の存在は今日も何もしなかったのであった。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事