出席確認

動物の顔は人間からは見分けがつきにくい。
だから一つのクラスに同じ動物は集中させないのが普通だ。
なのに……

出席確認

教師(どうしてこうなった……。誰が誰やらさっぱりわからんぞ)
教師「よーしみんな出席とるぞー。安藤!」
安藤?「はい」
教師「井上!」
井上?「はい」
教師「尾崎!」
尾崎?「はい」
教師「ちょっと待て、今の声、安藤と同じじゃなかったか?」
安藤?「イエ、チガイマスヨ」
教師「なんだこの声!? なんで急にカタコトになった!?」

教師「……気を取り直して続けるぞ。梶原!」
梶原?「はい」
教師「木下!」
木下?「はい」
教師「工藤!」
工藤?「yes」
教師「何だ今のはぁ! すごい巻き舌だったぞ! 日本人じゃないだろ!」

教室を見渡す。あかん、どれが工藤かわからへん。

教師「もう一回だ! 工藤!」
工藤?「Oui(ウィ)」
教師「なんで英語からフランス語になったぁ!? 声が聞こえてきた方向も違うじゃないかぁ!」

教師「……お前ら、一旦出席番号順に整列しろ!」

動物達が整列する。

教師「お前が安藤だな?」
安藤?「はい」
教師「お前が井上だな?(安藤と顔一緒やんけ……)」
井上?「はい、たぶん」
教師「たぶん?! ……まあええわ。お前が尾崎だな?」
尾崎?「いえ、僕となりのクラスの田中ですけど」
教師「なんでここにいるんだぁ!」
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事