ある科学者の目覚め

ある科学者のタマゴは、ある日知った。

全てのものは等価交換であると。
無から有なんて生まれないと。
そう見える時はある。でもそれはその場にたまたま、我々が見えない、見えていなかった小さなものが集まって出来ただけなのだと。
我々人類は既にあるものを組み合わせることしか出来ないと。
そして、元に戻すのはとても難しいと。

だから科学者のタマゴは思った。

では、我々の道の果てには破滅しか無いのかと。
使えるものを使い切ったらそれで終わりなのかと。
宇宙に気軽に飛び出せるようになったとしても、それは結局、一時的に使えるものが増えるだけなのではと。
なら、頑張ってもしょうがないじゃないかと。

だから科学者のタマゴは神を呪った。

昔は神を愛していた。尊敬していた。

彼には数式が芸術に見えていたからだ。
とても美しく、まるで誰かに創られたもののように感じたからだ。

その神を呪う日々はしばらく続いた。

それは科学者のタマゴにとって苦痛以外の何物でも無かった。

だから科学者のタマゴは答えを求めた。
なんでもいい、自分の心に決着をつけられる何かを。

その過程で、科学者のタマゴは善と悪について考える機会を得た。

「最も悪いもの、悪い行い」とは何かを考えた。「世界共通の悪」、「人類の敵」とは何かを。

それはすぐに思いついた。

それは、「人類文明の寿命を削る行為」であると、科学者のタマゴは思った。

自身の欲求を満たすためだけに、物を大量に消費する行為。
ニセモノなどの低品質なものを流通させる行為。
消費させるためだけに、わざと耐久性の無いものを生み出す行為。
そのような行為が揺るがぬ悪であると、科学者のタマゴは思った。

それが科学者のタマゴにとっての答えだった。

科学者のタマゴはその考え方を基本にした。

その日から全てが変わった。

節約するという行為は、以前より大きな価値を持つようになった。
頑丈なものを創るという行為も、以前より大きな価値を持つようになった。
見栄えが良いだけで質の悪い物は、その価値を失った。

そして科学者のタマゴは再び机の前に向かうようになった。

たとえ、終わる未来が変えられぬものであったとしても、やるだけやってやると。
終わるにしても、胸を張りたいと。

人類の意地と気概を神様に見せてやる、科学者のタマゴはそんなことを考えながらペンを手に取った。

その日、科学者のタマゴは身を縛っていた殻をぶち破った。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27