熊さん16

熊さん

俺は熊。高校生だ。
俺は今、バイクで登校している。

今日は涼しい。バイクに乗るには良い日だ。雨が降っていなければだが。
今は梅雨。今日は大雨だ。

当然のようにずぶぬれである。水もしたたるいいクマである。
でも大丈夫。ちゃんとレインコートを着ているから。

ただ、このレインコートはもう年季物なので、雨漏りが少し心配――

(あ)

瞬間、「じわ」という冷たい何かが染みこんでくる感覚が走った。陰部に。

   ◆◆◆

トイレにピットイン。
すぐにデリケートな部分の状態を確認する。

「Oh」

デリケートな部分がデリケートなことになっていらっしゃる。
アカン。これは恥ずかしい。ちょっともらしちゃったみたいな感じになってる。

「……まあ、でも、これくらいならすぐ乾くやろ」

気を取り直したワイは再びバイクにまたがった。

   ◆◆◆

しかし走り出してから三分もしないうちに、

(あ)

「じゅわ」という冷たい何かが染みこんでくる感覚が走った。

   ◆◆◆

二度目のピットイン。
すぐにデリケートな部分の状態を確認する。

「holy shit」

とんでもないことになってる。完全にやらかした感じになってる。
アカン。これはすぐには乾かない。
ならばどうするか。
ひらめいた。乾かないなら濡れちゃえばいいじゃない。

「……フンガーッ!」

レインコートの胸元を力任せに引き裂く。
よしこれでいい。
上半身の前面をびしょぬれにすることで、陰部をごまかす作戦だ。
これならすぐに陰部もびしょぬれになるだろう。レインコートの胸元がやぶれちゃったから、アソコまで雨水が垂れてきちゃった、という言い訳が出来る! 完璧! 天才!
自分のひらめきの良さが怖いわ。そんなことを考えながらワイは再びバイクにまたがった。

   ◆◆◆

「みんなおはよう!」

無駄に元気に挨拶しながら教室に突入するワイ。
クラスの連中の視線が集まる。
目立つよな。しょうがない。びしょぬれやもん。
……あれ? なんか、皆の視線が下に向いてるような。

「おい、熊、それ……」

友達が下部を指差す。
なんやねん、と思いながら下を向くと。

「オーマイガ」

陰部の周りがちゃんと濡れてないー! 濡れてない部分がドーナツ型になってるー! 超目立つー!
言い訳タイム開始ー!

「いや、これは違うんや」
「違うって、何が?」
「これはねドーナツ放熱現象のせい」
「は? ドーナツ放熱現象?」
「そや、ドーナツ型に放熱される現象のことや。熊のここはそういうふうになってんねん。その筋の学会では有名な話や」
「その筋ってどの筋だよ」
「とにかくそういうわけやから違うんや」
「違うって何が?」

この話題は昼休みまで引っ張られた。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27