ネゴシエイター桃太郎 最終回

その後、犬はその辺をのらりくらりとぶらついた。

桃太郎の姿はどこにも見えなくなった。匂いもしない。

歩き疲れた犬はある村で足を止めた。

その村は居心地が良かった。
村人が善い人ばかりで、なにより特産品である桃ときび団子がおいしい。

そして犬はその村で一匹の雌犬と恋に落ちた。

甘く平和な時間が流れた。まさに至福であった。

そして仕事と家庭を持ち、この村に骨を埋めることが確実になったと、そんな考えが犬の頭に生まれた時、それは起きた。起きてしまった。

ある夜、仕事からの帰り道に犬は信じたくない光景を目にした。

犬「……燃えている?」

村は赤い光に包まれていた。

自然と犬の足が走り出す。

無事でいてくれ、お願いだ、と心の中で叫びながら走る。

しかしその願いに神は応えなかった。

犬「……」

犬の家は燃え盛っていた。入れないほどに。

そして愛する者の亡骸が玄関の近くにあった。

犬「……」

犬は呆然とそれを見つめた後、ふらふらと歩み寄った。

あまりのことに現実感が無い。

恐る恐る亡骸を抱きしめてようやく、犬の目から涙がこぼれた。

そして犬は天を仰ぎながら遠吠えを上げた。

その直後、

犬(!?)

何者かの接近を犬の鼻は捉えた。

が、警戒心はすぐに消えた。

知っている匂いだったからだ。

しばらくしてその者は暗闇から姿を現した。

ゴリラ「……なんだお前か」

遠吠えを発していたものが敵で無かったことを確認したゴリラは、構えていた武器を下ろした。

どこかへ戻ろうとするゴリラの背に犬が声をかける。

犬「一体何があったんですか?! ゴリラさん!」

ゴリラ「見てわかるだろう! 鬼が攻めてきたんだよ!」

犬「……」

それは犬が期待していた答えでは無かったが、犬の聞き方も悪かった。
「どうしてこんなことに」と尋ねた方が正解であった。

そして、犬はゴリラが流暢に喋っていることに疑問を抱いたが、それを尋ねる間も無く、ゴリラはどこかへ走り出した。

犬はその背を追った。

あの二人のことが頭に浮かんだからだ。

犬の予感は的中した。

ゴリラが走った先にはフェニックスと桃太郎と、そして一人の少年の姿があった。

犬は桃太郎のそばに駆け寄ったが、

犬「……」

声をかけることが出来なかった。

桃太郎は重症を負っていた。誰が見ても助からないほどの。

そして場に漂う重い静寂を破ったのはその桃太郎であった。

桃「……ひさし、ぶり、だな」

桃太郎は口から血を噴出しながら、言葉を続けた。

桃「口先しか武器の無い私に、こんなことは向いていないと、それは、わかっていたのだが……」

桃「故郷への、思いというものは、やはり大きいもの、だな。良い思い出があれば、なおさら」

桃「ここで戦っても、勝てないことは、わかっていたんだ。村人が逃げられるように、時間かせぎをするだけ、そう思っていたが、出来なかった」

桃「結局、村も、村人も、守れなかった。ただの、役立たずの能無しだな、私は」

これに少年が声を上げた。

少年「そんなことないよ。おじさんは僕を助けてくれた」

桃「……」

これに桃は何も言わなかったが、その表情は僅かにやわらいだように見えた。

桃「……」

そして、桃太郎はそのまま静かに息を引き取った。

   ◆◆◆

死者を埋葬した後、犬と二匹は少年を連れてその場から離れた。

鬼が戦線を押し上げてきたのだ。戦火から逃れるため、犬達は遠くへ逃げなければならなかった。

その過程で犬と二匹は互いのことを話し、ゴリラとフェニックスが桃太郎と同郷の友であることを犬は知った。

そしてしばらくして犬達は新天地での生活を始めた。

全てが変わった。その中でも特に犬の変化は大きかった。

まず己に厳しくなった。甘えの無い厳格な振る舞いをするようになった。

それを見て少年もそのように振舞うようになった。

二人とも分かっていたのだ。この無念を晴らすには強くならねばならないことが。
そして強い精神を身に付けることがその近道になることも。

その重く厳しい時間は淡々と流れていった。

   ◆◆◆

十年後――

たくましい男に成長したかつての少年は、懐かしい故郷を遠く見据えていた。

彼の傍にはイヌ、サル、キジの姿がある。

奪われた故郷はいまだ鬼達に占領されている。

情報力と交渉力くらいしか取り柄がなかったかつての桃太郎はこの地で奴らに敗れ、そして死んだ。

だが、彼が守り残した一人の少年が、強大な武と勇を持つ男となって帰ってきたのだ。

   ◆◆◆

桃太郎

桃から生まれた桃太郎。
犬、サル、キジの三匹をお供に鬼退治。

報酬はきび団子一個。

なぜそんなちっぽけな報酬で三匹は鬼対峙に付き合ったのか?

その真実が物語の背景にあることを残念ながら皆は知らない。

きび団子は彼らにとって絆であり、心を燃やす燃料なのだ。
奪われた故郷の名物であったそれを見つめ、思い出すことで、己が成すべきことを確かめるためのものなのだ。

本当の桃太郎、彼の武器は勇気でも武力でも無かった。
彼の武器は話術とコネ。それだけの男。

しかしそんな彼が守り残したものが、後に伝説と成ったのだ。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事