カレー好きのカレイ

あるファミレスでカレイと熊が食事をとろうとしていた。

店員「ご注文お決まりでしょうか?」

熊さん
熊「ワイはハンバーグ定食で」

カレイ
カレイ「僕はカレー」

店員「……え?」

カレイ「え?」

店員「……あ、カレーですね! 申し訳ありません、失礼しました」

カレイ「?」

店員は頭を下げた後、そそくさと厨房のほうに行ってしまった。

カレイ「……今の反応はどういうこと?」

熊「『僕はカレイです』って、自己紹介されたと思ったんじゃね?」

カレイ「はあ? ちゃんとカレ“ー”って言ったちゅうねん。伸ばしたっちゅうねん」

熊「まあ、店員さんが聞き間違えただけやけれども、これで一つ証明されたことがあるな」

カレイ「なにが証明されたんや」

熊「お前と一緒に居るときに『カレーが好きだ』と言ってはいけないってことや。愛の告白だと誤解されたら困るやろ?」

カレイ「はあ? 言っても大丈夫やろ」

熊「え!?」

カレイ「え?」

熊「愛の告白をしても大丈夫なの?!」

カレイ「はあ?!」

熊「……ごめん、ワイ、同性でそんな関係にはなれへんから」

カレイ「はあああ??! 違う違う! そういう意味じゃない! 言っても誤解されへんから大丈夫やろ、っていう意味や!」

熊「……」

カレイ「……」

熊「……なあ」

カレイ「なんや」

熊「お前、いつもカレー頼んでるけど、カレー好きなん?」

カレイ「え? うん、まあ」

熊「……」

カレイ「……」

熊「カレー好きのカレイ……ぷぷっ、座布団一枚やわ」

カレイ「しばくぞ!」
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27