不動産探し

【タコ壺】
 タコを捕獲する目的で漁師が使う壺。
 タコは、体を保護する固い殻などを持っておらず、身を守るため普通、海底の沈み磯(岩場)の中に潜み、潮がゆるくなる時間帯を見計らい岩場から出てきては砂地などでイシガニや小魚、貝などを短時間で捕獲するが、潮が変わると慌てて住処に戻ろうとする。
 隠れる場所の少ない砂地はタコにとって危険地帯であり、ときにマダイなどの餌になることも多く、そこに絶好の隠れ場所があればタコはこれ幸いと入ってくる。海底から蛸壺を引き上げる際も、壺から逃げるタコは滅多におらず、壺の中でじっとしている。
(wikiより)

タコ

俺はタコ。

今は訳あって宿無し風来坊の身だ。

事情を話せば長くなるが、家賃滞納のせいで住んでいた岩場を追い出されてしまったのだ。ぜんぜん長くなかった。

タコ「けっ! あんなキタネエ岩場、こっちから願い下げだってんだ! Fuck!」

さて、毒も吐いたことだし、気を取り直して今後のことを考えよう。

タコ(うーん、やっぱり新しい住処を探さなきゃなあ)

さすがに今の状態はマズイ。俺はか弱いただのタコなのだ。このままでは天敵に食われてしまう。身を隠す場所を見つけなくてはならない。

タコ(どこか、いい場所は――)

額に手を当てながら、周囲を見渡してみる。

すると、妙なものが目に入った。

タコ「ん? なんだありゃ?」

近付いてみる。

蛸壺(明石)

タコ「おっ、壺じゃん。ちょうどよかった。こいつを俺の新しい住処に――」

嬉々として壺の中に入ろうとしたその時、入り口の傍に立っている看板が目に入った。

タコ「ん? 何だ?」

看板に書かれている文字を読んでみる。

『やまちゃんの賃貸住宅にようこそ!』

タコ「賃貸住宅? これは貸し物件なのか」

看板の続きに目を通す。

『当物件は敷金礼金不要! 即日入居OK!』

タコ「おっ、いいねえ。間取りはどうなってるのかな? とりあえず1Kでもいいんだけど」

『間取りは広々とした4LDK! スカイテラス付き!』

タコ「4LDKのスカイテラス付き?! あかん、これは俺の財布では手が出んわ」

『だがしかぁーし! その賃料、驚きの2万5千円!』

タコ「2万5千?! 4LDKが?! 事故物件か?」

『ご安心ください、幽霊なんて出ません!』

タコ「ほんまかなあ~。まあ、でもとりあえず中を見てみないことにはなあ」

『当物件は試し入りOK! どうぞ中を隅々までご覧ください!』

タコ「お? じゃあちょっと失礼して」

入り口のドアを開けて中に入ると、そこには驚きの光景が広がっていた。

タコ「なんじゃこりゃ……」

そこはまるで貴族の部屋のようであった。
美しい絨毯の上に豪華な家具が所狭しと並べられている。

タコ「これが2万5千? ちょっと信じられんなあ」

どっこいしょ、という感じでタコがソファーに腰掛けると、正面の机の上に張り紙が置いてあるのが目に入った。

タコ「ん? 何これ?」

『楽しんでいただけましたか? でしたら、奥の間にどうぞ。もっとすごいものがありますよ!』

タコ「奥の間?」

確かに、奥にもドアがある。

タコ「……うーん、気になるけど、まあ、それよりも先に他の所を見て回るか」

ソファーから立ち上がったタコはまず台所を見てみた。

タコ「すげー。キッチンはオール電化かー」

しかもどれも新品のようであった。

次にタコはトイレのドアを開けた。

タコ「当然、ウォシュレットか」

世界最先端のトイレだ。日本の技術ハンパねえな!

タコ「ん?」

見ると、便器のフタに張り紙がされている。

『楽しんでいただけましたか? でしたら、奥の間にどうぞ。もっとすごいものがありますよ!』

タコ「……どんだけ奥の間に行ってほしいねん」

タコは少し考えたが、

タコ「まあ、あと見てないのは奥の間だけやし、行ってみるか」

特に怪しみもせず、あっさりと決断しまった。

タコ「さーて、この奥の間には何があるのかな?」

ドアを開け、奥の間に入る。

タコ「……?」

そこは、これまでとは正反対と言えるほどに、殺風景な部屋であった。

宝箱

そんな部屋の中心に、ぽつんと、宝箱が置いてある。

タコ「なんだ? 何が入ってるんだ?」

中を覗き込む。

すると、そこには一枚の紙切れが入っていた。

それにはこう書かれていた。

『かかったなアホが!』

直後、入ってきたドアの方から、「カチャリ」という音がした。

タコ「え? なんだ?」

慌ててドアに駆け寄り、ノブを回す。

タコ「あれ、開かない!?」

ガチャガチャ やはり鍵がかかっている。

タコ「もしかして……閉じ込められた?!」

この後、一体どうなってしまうのか。タコの運命やいかに――

   ◆◆◆

たこやき

タコ村 ゆきお 享年2才 (おいしかったと評判でした)
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タコ(笑)

美味しい話には裏があるいい教訓でした(・ω・)☆

Re: No title

甘い話には注意しないとね。

でもテラス付4LDKとか、タコツボでも住んでみたいと思ってしまった
プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27