虎さんと猫さん 最終回

虎さん

三年後――

蒸し暑い夏の夜、ある公園にたくさんの小さな獣の姿があった。

それは猫の群れであった。
二つの群れが対峙していた。

虎(……)

虎はその様子を物陰からうかがっていた。

双方の群れから、リーダーらしき猫が一匹ずつ前に出る。

これから始まろうとしていたのは、あの時と同じ決闘であった。

だが、場に出ているのは猫君では無く、その息子であった。

相手は変わらずあのデブ猫。しかし、その顔には老いが見える。

間を置かずして決闘は始まった。

ぶつかりあう二つの小さな生き物。

虎(……!)

瞬間、虎は驚きを抱いた。

猫君の息子は強かった。

戦いは一方的であった。老いからか、デブ猫の動きは精彩を欠いている。しかし、それを考慮しても猫君の息子の力は圧倒的だ。おそらく、父である猫君の全盛期と比べても評価は変わらないだろう。

そして、しばらくして戦いは猫君の息子の勝利に終わった。

猫君の息子はなんと無傷であった。

圧倒的勝利に場が沸き立つ。

耳に痛いほどの歓声であったが、虎の野生は背後に迫る何者かの気配を察知した。

振り返ると――

虎「……やっと来たか。もう終わってしもたで」

そこには、元気そうな猫君の姿があった。

猫「見るまでも無いですよ。勝つのは分かっていましたから」

生意気なことを言うようになったな、虎はそう思いながら笑みを浮かべた。

虎「でも猫君、ほんまにええんか? 会わなくて」

猫は首を振った。

猫「妻には知らせてあります。時期を見て子に伝えるでしょう」

虎「せやけど……」

猫「虎さんだって、同じ立場ならきっとこうしますよ。群れの新しいリーダーは決まったんです。そこに昔のリーダーが顔を見せたら、話がややこしくなるだけでしょう」

虎「……」

虎は何も言わなかったが、その通りだと感じていた。一つの群れに二匹のリーダーがいること、それは不和の種にしかならない。

猫は勝利に沸く群れの様子をしばらく眺めた後、

猫「……帰りましょう、虎さん」

と、ぽつりとつぶやいた。

虎「……」

虎は短い沈黙を返した後、

虎「……そうやな、帰るか」

笑みを見せながらそう言った。

そして、二匹はどちらからともなく踵を返し、あの場所へ、二匹で馬鹿をやっていたあの懐かしい場所へと、歩き始めた。

しばらくして、虎が口を開いた。

虎「……実はこの前、猫君を干支に推薦してみたんやけど、ダメやったわ。すまん」

これに猫は笑みを浮かべた。

猫「そんなのもういいんですよ。とっくに諦めてますから。社会に出て思い知りましたよ。自分には分不相応な、子供じみた夢だったんだと」

そう言って、猫はチラリと後ろを、息子の方へ振り返った。

猫「上には上がいることを知りましたから。……親馬鹿みたいに聞こえるかもしれませんけど、干支に選ばれるなら僕よりもあの子の方がふさわしい」

猫は笑いながらそう言った後、表情を少し曇らせながら言葉を続けた。

猫「でも世の中は広い。息子よりも干支にふさわしい猫がきっと、いや、間違いなくいると思います」

その言葉に嘘は無かった。猫は世の広さを知り、自身が井の中の蛙であったことを知ったのだ。

これに虎は小さく「そうか」と反応した後、笑顔を見せながら言葉を続けた。

虎「……ほな、なんか旨いもんでも食いにいくか! 息子さんの戦勝祝いや!」

猫「いいっすね! おごってくれるんですか!?」

虎「残念やけど割り勘や! 今月マジで厳しいから!」

――

こうして、二匹の関係は元に戻り、馬鹿であるが平和な日常が再び始まった。

しかし、ただ一つだけ変わったことがあった。

猫が干支になりたいと言わなくなったことだ。

おしまい
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 初めまして。
> 「虎さんと猫さん」を読みました。
> 夢オチの回が最高に笑えました。
> ラストに近づくにつれ、ジワっとくるものもあって、
> 読み終わったら、なんだかものすごい満足感が!!
>
> おもしろかったです~。
>
> 私は落書きをよくしますが、
> タイガーのポットに、実家の猫(ヨチヨくん)とタイガーさんとのやりとりを
> 描いたりしてます。
>
> だから、この「虎さんと猫さん」のお話が気になって最初に読みました。
> おいおい、他のお話も読ませて頂きますね。
>
> ありがとう。

ありがとうございます。
楽しんでいただけたのならとても嬉しいです。

タイガーポッドのお話は、自分が子供の頃に抱いていた「なんでポッドにタイガーなんだ……?」という疑問を思い出して創りました。
プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27