虎さんと猫さん

虎さん

猫「虎さん」
虎「ん?」
猫「あの件、どうでした?」
虎「え?」
猫「いや、この前頼んだじゃないですか。干支の件ですよ!」
虎「ああ、干支ね! 干支かあ~、『えっと』ね~」
猫「いや、そんなボケは望んでないんで、本当に。それでどうでした? 僕、干支に入れそうでした?」
虎「いや~、う~ん」
猫「……」
虎「あ~、あのね、猫君?」
猫「はい」
虎「正直言うとね、厳しいよ」
猫「なんでですか」
虎「いや、だって、僕ら同じ猫科やん? 同じ種類の動物がかぶるっていうのはちょっとなあ……」
猫「それは分かってます! だけど、無理を承知でお願いしてるんです!」
虎「いや、でもね~」
猫「僕、本当に干支に入りたいんです!」
虎「……猫君、こういう事は言いたくないんやけどね」
猫「はい?」
虎「虎ってさ、猫の上位互換みたいなもんやん?」
猫「上……!? それ、どういう意味ですか!?」
虎「大いなる自然という枠組みの中で考えてみい。猫が虎に勝ってることってないやろ?」
猫「ちょ、そんなこじつけみたいなの、納得できませんよ!」
虎「でも、それが真理や」
猫「だったら僕も言わしてもらいますけどね! 人間社会の中では僕のほうが上でしょ?」
虎「なんやそれ、どういうこっちゃ?」
猫「ペットとして考えてみて下さいよ! 明らかに僕のほうが上でしょ!」

虎は腕を組み、ため息をついた。

虎「わかってない、わかってないなあ~」
猫「何がですか!?」
虎「いや、わかってないよ。うん、わかってない」
猫「あんた、反論できんから『わかってない』って言って時間稼いでるだけでしょ!?」
虎「やっぱわかってないわ」
猫「だからそれはなんやねん!?」

この不毛な会話に終着点は無い。
猫は相談する相手を間違えている。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27