熊さん12

熊さん

俺は熊。高校生だ。

今、俺は友達と一緒に自分の家でゲームをしている。

ピンポーン

友達「おい、誰か来たぞ」
熊「ちょっと見てくるわ」
 
   ◆◆◆

熊はダンボールを抱えて戻ってきた。

友達「お? なんやそれ」
熊「親戚からの贈り物や」
友達「何が送られてきたんや?」
熊「はちみつや。その親戚はミツバチ農園をやってるんや」

そう言いながら、熊はダンボールの中から琥珀色の液体が並々と溜まったビンを取り出した。

友達「はちみつかー。熊らしいなー」
熊「……でたよ、これ」
友達「え?」
熊「熊だからはちみつ好き、あー、もう、偏った先入観を持ちすぎやわ、お前」
友達「え? 熊はみんなはちみつが好きなんじゃないの?」
熊「そんなわけあるかい! 熊によるよ」
友達「お前はどうなん?」
熊「ワイはまあ、普通かな。子供の頃は好きやったんやけどね。今はちょっと甘すぎるって感じかな」
友達「ふ~ん……」

友達は大きなスプーンではちみつをすくい、熊の口に突っ込んだ。

熊「うお! 何すんねん!」
友達「味は?」

熊は満面の笑みで答えた。

熊「あま~~い! って、何をやらせるんじゃ!」
友達「お前、実は、はちみつ大好きなんじゃないの?」
熊「いやいやいや、普通やで、普通」
友達「ふ~ん……」
熊「……」
友達「あ、俺、ちょっと用事思い出したから、帰るわ」
熊「え? あ、そう。じゃあ、また」
友達「ああ、またな」

   ◆◆◆

その後――

熊は台所で鼻歌を歌いながら調理をしていた。

熊「Oh~~~、ハッピーデェ~~イ♪」

ノリノリであった。

作っているのは、大量のホットケーキ、はちみつたっぷりのシュガートーストとレモンティー。

熊「オ~~ルウェ~イ サンデェ~~イ♪」

ホットケーキにはちみつをぶちまける。

熊「よし、出来た! いただきます!」

ガチャ

その時、突然リビングのドアが開いた。

熊「……」

そこに立っていたのは友達であった。

友達「……」
熊「……」
友達「……」
熊「……」
友達「ほんまは好きなんやろ?」
熊「いや、普通やで?」
友達「じゃあ、ちょっとくれ」
熊「イヤや」

くだらない何かに意地を張る熊であった。
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27