もぐらさん

もぐらさん

もぐら「(ハンバーガーを頬張っている)ばくばくばくばくばく」
友達「……」
もぐら「むしゃむしゃむしゃ ごっくん」
友達「……」
もぐら「(二個目のハンバーガー)ばくばくばくばく」
友達「なあ」
もぐら「むしゃむしゃ ん? ごっくん なあに?」
友達「食いながら返事するなよ」
もぐら「(三個目のハンバーガー)ばくばくばく ああ、 ばくばく ごめんごめん で、なに?」
友達「お前、食いすぎじゃね?」
もぐら「むしゃむしゃ ごっくん そうかな?」
友達「相撲取りみたいに太ってるぞ」
もぐら「(四個目のハンバーガー)ばくばくばく これはね、しょうがないの」
友達「何がしょうがないんだよ」
もぐら「むしゃむしゃ ごっくん もぐらはね、一日に体重の3分の1以上の食糧が必要な上に、12時間絶食すると死んじゃうの」
友達「……いや、それが本当だとしても、お前は食いすぎやろ。明らかにエネルギー有り余ってるやん」
もぐら「(五個目のハンバーガー)ばくばくばく そんなことないよ。生きるために食べなきゃいけないんだよ。12時間っていう時間制限があるしね」
友達「……ん? ちょっと待てよ。お前、このあいだ一緒に徹夜でマージャンしたとき、余裕で12時間以上絶食したよな?」
もぐら「むしゃむしゃむしゃ ごっくん ……」
友達「……」
もぐら「……」
友達「お前、ただのハンバーガー好きのデブじゃん!」
もぐら「I'm lovin' it」
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事