シヴァリー 第十九話

   ◆◆◆

  新たなる精鋭

   ◆◆◆

 三ヵ月後――

 ラルフは再び神学校の外に出ていた。
 久しぶりの外出であったが、ラルフは前回の事をいまだに引き摺っており、暗いままであった。
 そして、ラルフの隣にはヨハンの姿があった。それがラルフの心をますます重くしていた。
 
 二人が今いる場所、それは精鋭魔道士を選出する試験会場であった。
 ラルフが精鋭魔道士の試験に挑戦するわけでは無い。ラルフはただの観客であり、社会見学という名目でこの地にやって来ていた。
 ラルフと並んで特別席に座ったヨハンは、試験会場を一望しながら口を開いた。

「広いだろう」

 色気も味も無い感想であったが、ラルフも同じことを考えていた。
 屋外に設置されているこの試験場はとても広かった。雑草一本生えておらず丁寧に整地されてはいたが、どこか殺風景であった。
 その広さは十分すぎるほどであった。ここまで広くする必要があるのかと問いたくなるくらいであった。
 一般の観客席には一緒にこの地を訪れた神学校の生徒達が好き勝手に座っていたが、それでも座席数の三分の一も埋まっていなかった。
「ラルフ、近い将来、お前もこの場所で皆からの賞賛を一身に浴びる時が来るのだ。しっかりと見ておくようにな」

 試験場では着々と準備が進められていた。ヨハンは遠くを見るように水平にした手を額に当てながら口を開いた。

「今回の挑戦者達は……前回の落第者ばかりか。ぱっとせん奴らばかりだな……興味を引くのは……新顔のあの二人くらいか」

 ヨハンが興味を引く二人、それが挑戦者達のうちのどの二人を指しているのかラルフには分からなかったが、この時のラルフは別のものに気を惹かれていた。
 それは試験場の中央に設置されている太い柱であった。恐らくこの柱に魔法を打ち込んで威力を見るのだろう。
 ラルフが柱を見ていることに気づいたヨハンは、声を掛けた。

「ラルフ、お前ならばあんな柱くらい簡単に壊せるであろう?」
「……中心に当たれば確実に砕ける、と思います」
「まあ、そうだろうな。ラルフなら出来て当たり前よな」

 ラルフの答えに、ヨハンは満足したような笑みを浮かべた。
 それから暫くして、柱から少し離れたところに、対峙するように一人の男が立った。
 彼がこの試験の最初の挑戦者なのだろう。そして彼から少し離れたところには礼装に身を包んだ試験管らしき者達がいた。

「やっと始まるようだな。まったく、待ちくたびれたぞ」

 ヨハンがそう言ったのと同時に、場に荘厳な音楽が響き渡った。
 音楽が鳴り止んだ後、会場は厳粛な雰囲気に包まれ、無駄口を叩くものは誰一人としていなくなった。
 息苦しさすら覚えるその静寂の中、挑戦者は柱に向かってゆっくりとその手をかざした――

   ◆◆◆

 試験の結果はすぐに決まり、挑戦者達に通達された。
 これに貴族達は沸きあがった。その熱気は参加者でない者も狂わせていた。
 精鋭として認められること、それは高い社会的地位と栄光を約束されるということであった。その影響は親族だけでなく遠い縁者にまで及ぶのである。
 そして今回の試験で精鋭として認められた者の数は二名であった。
 その二人は周りの貴族達からの羨望と嫉妬の眼差しを一身に受けながら、故郷にいる家族の元へと報告に向かった。

   ◆◆◆

 精鋭として認められた者の一人、バージルは老いた父の前で跪きながらその旨を報告した。

バージルイメージ

「よくやった我が息子よ。いや、さすがと言うべきか。お前ほどの力があれば当然の結果であろう」

 父は息子に賞賛の言葉を送った後、表情を曇らせつつ再び口を開いた。

「だが、私は心配だ」

 何が――バージルがそう尋ねる前に父は口を開いた。

「バージル、お前はカミラとダグラスの仇討ちをしようと考えているのであろう?」

 これにバージルは小さな礼を返しながら口を開いた。

「父上のおっしゃるとおりです。私は姉上と兄上の命を奪ったディーノとやらに挑むつもりで御座います」

 このとき父は何を言ってもバージルを止めることはできないと分かっていた。しかしそれでも口を開かずにはいられなかった。

「バージル、お前の力は認めている。だが、お前の魔力はカミラやダグラスほどでは……」

 父のこの言葉にバージルは即答した。

「確かに、私の魔力は姉上と兄上には及びませぬ。ですが名族である我等が、魔力を持たぬ者に無様に敗れた精鋭魔道士の面汚しなどと、周囲からあらぬ誹りを受けていることに私は我慢がならないのです」

 力強い口調がバージルの意思の固さを表していた。

「決して侮りは致しませぬ。ただの弱者に姉上と兄上が敗れるなどありえませぬから。そのディーノとやらは、魔法は使えずとも強者なのでしょう。だから私はこの三年間、ひたすらに体と技を鍛えたのです」

 バージルは勢いよく立ち上がり、言葉を続けた。

「必ずや、ディーノの首を取って戻ってまいります。父上、その日までどうかご辛抱下さい」

 バージルは深くお辞儀をして父に決意を示した後、部屋から立ち去っていった。

 父はバージルの背中を見送った後、彼が出て行ったドアを見つめつつ独り言を呟いた。

「……他人からの悪口などどうでもいいのだ。それで我が一族の血に宿る魔力が揺るぐわけでもない。私はただお前が心配なのだ。末っ子であるお前の身に何かあったら、私は……この家の未来は……」

 これこそバージルに聞かせるべき言葉であった。しかし父の中にはバージルの力に賭けてみたい、という気持ちもあった。
 しかしこれはあくまでただの独り言。願わくはバージルに伝わってほしいという思いが込められた祈りのようなものであった。

   ◆◆◆

 父の部屋を後にしたバージルは訓練場に足を運んだ。
 バージルは訓練場に設置された石の柱と対峙していた。
 その柱はバージルの胴周りほどの太さであった。
 バージルは静かに深呼吸した後、ゆっくりと「肩に担ぐように」武器を構えた。
 バージルのその手にある得物、それは紛れもなく「槍斧」であった。
 バージルは鋭く息を吸い込みその身に力を込めた。その力強さは、肩と背の筋肉が大きく隆起するのが遠目からでもわかるほどであった。

「せえやっ!」

 気迫と共に一閃。バージルが放った槍斧は、柱を真横に叩き割った。
 そしてさらに、バージルは柱に向かって踏み込みつつ、槍斧を握っていない空いた片手を突き出した。

「破っ!」

 バージルが気勢を上げたのと同時に、その突き出した手が激しく輝いた。
 その手から生み出されたもの、それは「光の壁」であった。
 訓練場に重い衝突音が鳴り響く。バージルの「光の壁」は柱の残った部分を完全に粉砕した。

 バージル、彼もまた兄姉であるダグラスやカミラと同じ「光の壁」の使い手であった。
 彼の魔力は兄姉には及ばない。だが彼はそれを鍛えた体と技で補っていた。
 兄であるダグラスゆずりの大きな体を有する彼は、槍斧を扱うのに十分な体力を備えていた。槍斧は決してディーノだけの特別では無いのだ。

 バージルを突き動かしているのはディーノの存在である。表面上は復讐を理由にしているが、彼の心の奥底にはディーノに対する武人としての敬意があった。バージルが槍斧を使うようになったのもそこから生じた「憧れ」が原因である。
 しかしバージル本人はそのことに気づいていない。気づいても認めようとはしないだろう。

 そして奇しくも、そんな不器用で不憫な感情を抱えた人間がもう一人いるのであった。

   ◆◆◆

 その頃、もう一人の試験合格者もバージルと同様に、家族へ報告を行っていた。

リーザイメージ

「よくやりましたリーザ、あなたのような娘を持ったことを私は誇りに思いますよ」

 母の穏やかな言葉に、リーザは跪いた姿勢からさらに頭を下げた。
 もう報告は終わった、これ以上言うことは何も無い、そう思ったリーザはその場から立ち去ろうとしたが、母の口がそれを邪魔した。

「ですがリーザ、これで気を抜いてはなりませんよ。『裏切り者』を討ち滅ぼすこと、それが我が一族の悲願」

 またこの話か、リーザは心底うんざりした。

「魔法信仰に反旗を翻し、我等の元から去った『炎の一族の裏切り者共』に報いを受けさせるのです!」

 話しながら、母の感情はどんどん高ぶっていった。

「あの者共のせいで残された我が一族がどれほどの辛酸を舐めさせられたことか! 『炎の一族の残りカス』などと言われる始末! ええい、思い出す度に腹が立つ!
 元を正せば、炎の一族の本家、本筋は我が一族のほう! 奴等が堂々と『炎の一族』を名乗るなど……耐え難い!」

 落ち着いてください、などとリーザは言えなかった。火に油を注ぐことにあるだけなのが分かっていたからだ。『炎の一族』の話をして母が癇癪を起こすことは避けられないのだろう、リーザはそう思いあきらめていた。

 このあと母が落ち着くまでにはかなりの時間を要した。ずっと同じ姿勢で耳を傾けていたリーザは、体の節々が痛くなってきたことばかりに気を取られ、母が喋っていることの内容など全く頭に入っていなかったのであった。

   ◆◆◆

 ようやく開放されたリーザは体を伸ばしながらある場所に向かっていた。
 それは下の子達、弟妹達の部屋であった。
 部屋に着いたリーザは軽いノックの後、返事も待たずにドアを開けた。

「あ、リーザお姉ちゃん! おかえり!」
「試験どうだった? お姉ちゃん!」
「お土産は?」

 次々と駆け寄ってくる弟妹達に対し、リーザは笑みを浮かべながら口を開いた。

「試験ならばっちりだったわ。お姉ちゃんは今日から精鋭魔道士よ!」

 大げさに胸をはりながらそう言うリーザに対し、弟妹達は「すごーい」「お姉ちゃんさすがー」などとはやし立てた。

「お姉ちゃん、お土産は?」
「あなたはそればっかりね。居間にお菓子を置いてあるからみんなで食べてきなさい」

 これを聞いた弟妹達は一斉に居間へと駆け出していった。

「私のことよりもお菓子のほうが気になるのね。まあ子供だし、そんなものか」

 リーザは弟妹達を追いかけようとはせず、その足を別の方向へと向けた。

「さて、一人姿が見えなかったけど、いつものところかしら」

 そう思ったリーザは「いつものところ」へと歩き出した。

   ◆◆◆

 屋外にある訓練場へとやってきたリーザは探していた人物を見つけた。
 青年と呼べるくらいの年頃に見えるその者は、訓練場に設置された目標に向かって炎の魔法を放っていた。
 だがその炎は貧弱であり、目標はびくともしていなかった。
 それを見てちょっとした悪戯心が芽生えたリーザは、その目標に向かって炎を放った。
 リーザの炎はその青年のものとは比べ物にならないほど大きく、かつ力強く、その目標をあっという間に飲み込み燃やし尽くした。

「! 姉上、お帰りになられていたのですか」

 その炎でリーザの存在に気づいた青年は口を開いた。青年はリーザの悪戯などなんとも思っていないようであった。

「ええ、さっき帰ってきたばかりよ」
「それで結果はどうでしたか?」
「もちろん、一発合格だったわよ」
「さすがです、姉上」

 青年は尊敬の念を込めた小さな礼をしたあと、続けて口を開いた。

「姉上、一つ聞いてもよろしいでしょうか?」
「何?」
「姉上はなぜ精鋭魔道士になろうと思われたのですか? 母上が常日頃口に出している『炎の一族』への復讐のためですか?」

 青年のこの問いに、リーザは少し考えてから口を開いた。

「まさか、そんなわけないじゃない。私にとっては『炎の一族』なんてどうでもいいわ」

 リーザははっきりとそう言った後、言葉を続けた。

「でも、私達一族が周りから色んな悪口を言われているのは事実。私自身はそんなこと気にしていないわ。だけど、小さな下の子達が同じような目に遭わされるのは可哀想だと思うの。
 どんな形であれ、この家がかつての栄光と力を取り戻せば、あの子達が惨めな思いをすることは無くなるんじゃないか、そう思って精鋭魔道士になったのよ」

 この言葉に少年は深い敬意を礼で示したあと、口を開いた。

「それを聞いて安心しました。しかし姉上、無茶なことは決してなさらぬとお約束下さい。どうかご自重なされるようお願いします」
「もちろんよ。死んだらそれでお仕舞いだもの。決して無茶はしないわ」

 リーザは口ではそう言っていたが、心の奥底には『炎の一族』に対する憎しみがあった。リーザが嘘をついたのは、青年のことを心配させたくなかったからである。
 長女であるリーザは弟妹達を守るために周囲からの悪意を一身に受け続けてきた。彼女は理性の力で明るく振舞っていたが、その心の奥底には暗い感情が蓄積していた。

「それじゃあ、私は長旅で疲れてるから、もう部屋で休ませてもらうわね」

 リーザはそう言いながら背を向けたあと、やや早足ぎみにその場から去っていった。
 そして、一人訓練場に残された青年は独り言を呟いた。

「相変わらず嘘がわかりやすい姉上だ。嘘をつく時に一瞬視線を外す癖、まだ直っていないのですね」

 言いながら青年は自身の言葉に間違いがあることに気づき、その独り言を頭の中で訂正した。

(いや、嘘と真、それぞれ半々というところか。我が家の名誉の回復と『炎の一族』への復讐、その両方共が姉上の戦う理由であると見たほうが正しいだろう)

 青年はその場に跪いて両手を組み、目を閉じて祈りを捧げた。

「神よ、我が祖先達よ、どうか姉上をお守りください」

 バージルとリーザ、両者に共通していた願望は「名誉の回復」であった。それ自体は純粋な感情であったが、二人にまとわりついている「復讐」という言葉が二人の心を曇らせていた。

   ◆◆◆

 一方、故郷に戻ったリックは一刻も早い回復を目指し、ただひたすら眠っていた。

 包帯まみれの格好で眠り続ける息子を前に、クレアは物思いにふけっていた。

(息子を半端な状態で戦場に送り出したのは間違いだったのかもしれない)

 帰って来る度に傷を増やす息子。このままだと次は命を落としてしまうのではないか。クレアの心は不安で一杯になっていた。

 そんなぼろぼろの息子を前に、クレアの心にはある一つの決心が生まれていた――

   ◆◆◆

 二ヶ月後――

 傷が癒えたリックは母クレアに呼び出された。
 クレアの私室に入ったリックは一礼しながら口を開いた。

「ただいま参りました。それで用件とは?」

 リックに対し背を向けていたクレアは振り返りながら口を開いた。

「体の具合はどうですか、息子よ」
「もう問題はありません。今すぐにでも戦場に戻ることができます」

 これにクレアは一息置いてから言葉を返した。

「今日呼び出したのはそのことなのです。リック、これから暫くのあいだ戦場に向かうことは許しません」
「!? 母上、それはどういうことでしょうか?」

 クレアの言葉にリックは驚いたが、次にクレアの口から出た言葉はさらにリックを驚かせた。

「リック、あなたに我が一族に伝わる奥義を授けます。それを身に着けるまで戦場に戻ることは許しません」

 これにリックは何も言葉を返すことができず、クレアの次の言葉を待った。

「ついてきなさい」

 そう言いながらクレアは部屋を出て行き、リックもまたすぐにその後を追った。

   ◆◆◆

 クレアに連れてこられた場所、それは訓練場であった。
 クレアは開けた場所の中央に立ち、口を開いた。

「これからその奥義を見せます」

 クレアの正面、少し距離を置いたところには細高い岩があった。高さはクレアと同じほど、太さはクレア三人分ほどに見えた。
 クレアはその岩に向かって静かに身構えた。
 それは左足を前に出した半身の構えであり、右拳は脇の下に置かれていた。

「この構え自体に奥義の極意はありません。我が一族の奥義に型は無く、どんな攻撃にも応用できます」

 クレアは白い息を吐きながら言葉を続けた。

「息子よ、かつてこの地は切り立った山が連なる、人が住むには厳しい山岳地帯であったことを知っていますか?」

 それが奥義と何の関係があるのかリックには分からなかったが、リックはとりあえず母の言葉に頷きを返した。
 リックの頷きを見たクレアは、再び口を開いた。

「我が一族の技はそんな厳しい自然の中で養われたのです。水を得るために谷へ降り、糧を得るために崖を登る、古き我が祖先の生活は自然との闘いでした。」

 喋りながらクレアは右手と両足に魔力を込め始めた。自身の右手と両足を発光させながら、クレアは言葉を続けた。

「ゆえに我が一族の祖先は強い力を求めました。山を砕けるほどの力を!」

 直後、その輝きが一層強くなったと同時に、クレアは動いた。
 次の瞬間、リックの視覚が最初に認識したのは岩が砕ける様であった。
 何があった? いや、それはわかる。母がやったことは至極単純だ。地を蹴って前に飛び出し、右拳を岩に叩き込んだのだ。
 そして、リックの聴覚が場に鳴り響く一つの轟音を認識する。いや違う、音は二つだ。クレアが地を蹴った音と、岩を砕いた音。速すぎるため、混じって聞こえるのだ。
 そう、速い、速すぎる。ずっと注目していたのに、影が一瞬流れたようにしか見えなかった。
 今の踏み込みは足で魔法が使えるというだけでは説明がつかない。母の魔力は精鋭級だが、それにしても速すぎる。

「母上! 今のは一体……」

 リックは思わず尋ねた。クレアはゆっくりと構えを解きながら答えた。

「この技は奥義であり基本でもあるのです。先も言ったように、この奥義は他の様々な技に応用が利きます」

 クレアは「ですが――」と、言葉を繋げた。

「――この技は使い手の身を削ります。そして、その制御を誤れば、使い手の身をいとも簡単に滅ぼします」

 強力であるが使い方を誤れば己が身を破壊する技、それはリックの心を強く煽った。

「この奥義を身につけるのに必要な才能は光魔法を使えることだけです。あとはただ基礎を積み重ねれば良いだけ。訓練すれば誰にでも習得できます。
 誰にでも使えてしかも強い、ゆえにこの技は奥義として扱われ、秘密にされてきたのです」

 リックはこの日から奥義習得のために修練を重ねることになる。
 次にリックがアランの前に立つ時、それは彼が絶対なる力と自信を備えた時なのだ。

   第二十話 嵐の前の静けさ に続く
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事