熊さん15

熊さん

俺は熊。高校生だ。

その日、俺は思い切って友達に悩みを打ち明けることにした。

熊「なあ、ちょっと聞いてくれるか」
友達「いやや。めんどくさい」

2秒で終わった。俺達の友情しょぼすぎ。

熊「そんなこというなや。とりあえず聞けって」
友達「しゃあないな。じゃあ30文字でまとめてくれ」
熊「30で?!」
友達「うん」
熊「いや……30は……ちょっときついかな~」
友達「じゃあナシで」
熊「……わかった。ちょっと考えるから待って」
友達「……はよ」
熊「……ばあちゃんボケた↑♪ 兄貴が介護↑♪ イェア! 俺どうしよう!♪ どうすればいい?♪ わからない!♪ YO↑ YO!↑」
友達「……なんでヒップホップにした? しかも30文字越えてるやん」
熊「将来ヒップホップで食っていこうかなと思ってるから」
友達「ヒップホップで?!」
熊「嘘に決まってるやろ。要はばあちゃんの介護で兄貴が大変なことになっとんねん」
友達「その説明だけでええやん! ヒップホップにする必要一切無いやん! 30文字以内で簡潔にまとまってるやん!」
熊「それで、ワイはそんな兄貴にどうしたらいいと思う?」
友達「……どうしたらいいかはまだわからん。もっと詳しく説明してくれ。なにが大変なんや」
熊「仕事との両立が大変なんや。兄貴が住んでる職場の寮からばあちゃんの家は結構な距離があるし。往復だけでもしんどいって言ってた」
友達「……それは厳しいな。今の仕事をやめて引っ越せば、なんて軽はずみなことは言えんし。……正直、赤の他人でただの学生の俺が正解を出せることでは無いような気がするぞ」
熊「チャラいお前に人生の分岐を決めてもらおうなんて思ってないし、期待もしてないから安心してくれ。ぶっちゃけ誰かに聞いてほしかっただけやし」
友達「割とマジでひどいこと言ってね? 怒っていい? 俺、怒っていいよね?」
熊「ごめんごめん。冗談冗談」
友達「……老人ホームとか、あの、介護施設? とかいうやつには入れんのか?」
熊「全然空きが無いって。どこも一杯みたいや」
友達「兄貴以外に誰か頼れる人はいないの?」
熊「……いないことはない、けど」
友達「けど?」
熊「多分、いい返事はもらえんと思う」
友達「なんで?」
熊「……その原因はばあちゃんにあんねん」
友達「ばあちゃんの何が問題なんや」
熊「うちのばあちゃんは性格が荒いんや。すぐに手が出る。その正確のせいでばあちゃんは一人暮らしになった。そしてボケた今でもその気質は変わってない。だから兄貴以外の誰も世話をしたがらんねん。その兄貴もイヤイヤでやってる」
友達「……」
熊「それを見てワイは思ったんや」
友達「思ったって、なにを?」
熊「これは人生の縮図なんやなって」
友達「縮図?」
熊「そうや。老いて、力が無くなって、どうしようもなくなったその時、どう扱われるかにその者の人生が現れるねん」
友達「……」
熊「金があれば人を雇えたかもしれん。金が無くともそれまでの行いが善ければ、世話をしてくれる人が現れたかもしれん。……やけど、ばあちゃんにはそういうものが何も無かった。金遣いの荒い乱暴者の終わり方なんてそんなものなのかもしれん」
友達「確かに、それはその通りかもしれんな」
熊「……ワイはまだ若いけど、ちょっと不安やわ。ワイ、性格悪いし」
友達「自分のことをよくわかってるな」
熊「うるさいわ」
友達「……まあでも、そうやな、真剣に考えれば俺も不安やわ。もし、どうしようもなくなってしまった時、誰にも迷惑をかけずに静かに自分を終わらせる度胸なんて、全然無い」
熊「……」
友達「……」
熊「……だからな、ワイは帝王を目指すことにした」
友達「……え? 今なんつった? 帝王?」
熊「そうや帝王や。皇帝でもいい」
友達「……一応聞くけど、なんで?」
熊「老後ためにきまっとるやろ! 帝王になれば老後の心配なんていらへん! 周りの連中全部アゴで使って世話させれるやん! 権力で老後という脅威をねじ伏せたるねん!」
友達「またアホなことを言い始めたな」
熊「確かに帝王は大げさかもしれん。もうちょっと現実的な役職を狙っていくわ」
友達「え? マジで言ってんの?」
熊「そうや。そのための努力を明日から、いや、今この瞬間から始める!」

そう言って熊は一冊の本を取り出した。
表紙には「熊でもわかる帝王学」と書いてある。

友達「……お前、本物のアホなんじゃね?」

あきれる友達をよそに、本にかじりつく熊。

しかし友は気付いていなかった。
この瞬間から伝説が始まったのだ!

次回から新章『覇道編』がスタート!
熊が破竹の勢いで帝王の座へかけあがる物語を描く!










うそです
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

熊さん14

熊さん

俺は熊。高校生だ。

俺は今教室で友達と夏休みの計画について話している。

熊「お前、夏休みはどうするつもりなんや」

友達「え? うーん、特に決めてないけど、まあ、去年と同じで海の家でバイトすると思うわ」

この答えに、熊は大げさに手と首を振りながら口を開いた。

熊「かーっ! 話にならへん! 軟弱すぎるで!」

友達「いきなりなんやねん。軟弱って言いたいだけちゃうんか。じゃあ、逆に聞くけど、お前は何するつもりなんや?」

熊は遠い目をしながら答えた。

熊「……ワイは旅に出る」

かっこよく決めたつもりであったが、友達の反応は素っ気無いものであった。

友達「旅? ああ、そう。まあがんばって」

熊「なんやその淡白な反応は! もっとなんかあるやろ! 『マジで!?』とか、『かっこいいな!』とか!」

友達「いや、そんな驚くわけないやん……またかよって感じやし」

熊「今度は違う。本気や」

友達「はあ、まあ、旅に出るのはええとして、どこに行くつもりなんや?」

熊「当てなんて無い。これは修行なんや。世の中の様々な風土に触れて己を磨きなおす、そんな冒険なんや」

友達「ああ、そう。まあがんばって」

   ◆◆◆

数ヶ月後――

熊の姿は養蜂場にあった。

蜂の世話をし、蜜を回収する、そんな仕事を行っていた。

農園主「お疲れ様。今日はもう上がっていいよ」

熊「え、まだ後始末が残ってるじゃないですか。やりますよ」

農園主「いいよいいよ。僕がやっとくから。今日はもう帰って休みなよ」

熊「そうですか、わかりました。今日はこれで失礼します」

農園主「ああ、明日も頼むよ」

   ◆◆◆

借りている部屋に帰ってきた俺は就寝までのこの自由な時間をどう使うか考えた。

まずは洗濯、それから晩飯の準備かな。

……いや、何か忘れているような気がする。なんだろう。

……あ、そうだ。親に連絡してなかった。

家を出て随分経つ。心配しているだろう。手紙でも書くか。
電話のほうが手っ取り早いけど、手紙のほうが風情がある気がする。こういうのは雰囲気が大事なのだ。

早速ペンを手紙の上に走らせる。

熊「お元気ですか。夏ももう終わりですが――」

ペンは軽快に進むが、なぜか心の中がもやもやする。なんかまだ忘れている気がするな。なんだろう。

熊「ああ、そうだ。友達にも手紙を出しておかないとな」

あいつらも心配しているかもしれない。

さらさらと、適当な文章を葉書に書く。

ふう、胸のつかえが取れた。

……いや、まだ取れてない。やっぱり何か忘れている気がする。

……そうだ! 豆腐だ! 明日食べようと思いながら、結局冷蔵庫の中に放置してしまっていた。
賞味期限大丈夫かなー。まあ、二、三日過ぎたくらいなら食えるだろう。

胸が軽くなったのを感じた俺は、早速冷蔵庫を開けた。

   ◆◆◆

数日後――

葉書を受け取った友達は、内容に目を通し、呟いた。

友達「……元気にやってるみたいやな。心配させやがって」

早速返事を書くために葉書を用意する。

……何て書こう。

色々書きたいことはあるが、やはりまずこれを伝えなくてはならないだろう。

そう思った友達は、さらさらと筆を一文走らせた。

『学校、とっくに始まってるぞ。それともうテスト期間に入ってるぞ。』

   ◆◆◆

数日後――

凄まじい勢いで帰ってきた熊は、まず友達に切れた。

熊「なんでもっと早く連絡してくれんのや! テストいつから!?」

完全な逆切れだが、友達は淡白に返事をした。

友達「今日から」

熊「はああああ?!!! なんも勉強してないっちゅうねん!」

予想通り熊は赤点を取った。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

熊さん13

熊さん

俺は熊。高校生だ。

ある日、俺は決意した。

熊「決めた。ダイエットする」
友達「は? なんで?」
熊「イメージを変えるためや」
友達「イメージ? なんのイメージ?」
熊「人間達が熊に対して抱いている『脳筋』っていうイメージや。イメージっていうより偏見かな」
友達「パワータイプやとは思うけど、『脳筋』とまでは言ってなくね?」
熊「ワイにとってはどっちも大して変わらん。とにかく決めたんや、なにがなんでも痩せる、と。スリムになって知的な熊の姿をお前らに見せ付けてやるねん」
友達「ああ、まあ、頑張って」

そして、ダイエットした結果……

マレーグマ

マレーグマっぽくなりました。

●マレーグマ
インド、インドネシア、カンボジア、中国南部、タイ、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスに生息。体長100-150 cm、体重25-65kgとクマ科最小種。その小ささのために英語では“Dog bear”(犬熊の意)と呼ばれることがある。wikiより

熊「……」
友達「……」
熊「……なあ、今のワイ、どう思う?」
友達「……キモ……いや、かわいい? キモかわいい?」
熊「……」

この後、はちみつケーキをヤケ食いして元に戻りました。

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

熊さん12

熊さん

俺は熊。高校生だ。

今、俺は友達と一緒に自分の家でゲームをしている。

ピンポーン

友達「おい、誰か来たぞ」
熊「ちょっと見てくるわ」

続きを読む

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27