かぼちゃさん

◆ハロウィン一週間前
かぼちゃさん
そわそわ……そわそわ……


◆三日前
かぼちゃさん
「あー、最近なんか忙しいわー。いや、ほんまなんかわからんけど、忙しいわー」


◆二日前
かぼちゃさん
「あー、忙しすぎるわー。全然寝れてないわー。つらいわー」


◆前日
かぼちゃさん
「え!? 明日ハロウィンなの!? うっそ、全然気づかへんかった! いや、ほんまに! そっかー、だから忙しかったのかー。まあ、ハロウィンといえば俺、みたいなとこあるからなー」


◆当日
かぼちゃさん
「FOOOOOOOOO♪!」

◆翌日
かぼちゃさん
「うわー、まじ昨日はやばかったわー。いやほんまに。どんぐらいやばかったかって、言葉にできんくらい。いやほんまに」

◆三日後
かぼちゃさん
「……ハァ」

この後、月曜日のようなテンションが一週間ほど続いた
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

稲田 新太郎

Author:稲田 新太郎
音楽好きな物書き。ゲームも好き

アクセスカウンター
(14/01/05設置 ユニーク数)
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
17/02/27